1999年11月9日

加賀ソルネットを1次代理店としてINSUITE®99を大規模展開。ナレッジマネジメント支援型グループウェアの小規模代理店への販路を開く

株式会社ドリーム・アーツ(東京都港区南青山、代表取締役社長:山本孝昭)と加賀ソルネット株式会社(東京都新宿区山吹町、取締役社長:嶋内敏博)は、ドリーム・アーツの持つナレッジマネジメント支援型次世代グループウェアINSUITE®99に関する販売について提携し、加賀ソルネットを1次代理店として中小規模代理店への販売を展開していくと発表しました。

INSUITE®99はドリーム・アーツの最先端技術を用いたナレッジマネジメント支援型次世代グループウェアとして本年2月より発売され、すでに大企業から中小企業、学校までのエンドユーザ30,000人以上に利用されています。INSUITE®99は現在まで東日本電信電話株式会社、株式会社大塚商会を販売代理店として売り上げを伸ばしてきましたが、独自のハードウェアやサポート網を持たない中小規模のSI企業や商社からも取り扱いのお問い合せが多数あり、このたびネットワークソリューショナーとして事業を展開する加賀ソルネットと提携し加賀ソルネットの持つハードウェアおよびサポートのソリューションとともに中小規模代理店へ提供していくこととなりました。

ドリーム・アーツの代表取締役社長 山本孝昭は、今回の提携について次のように述べています。

ネットワークソリューションのプロフェッショナルである加賀ソルネットを、INSUITE®99の1次代理店として提携できることは、弊社だけでなく加賀ソルネットと提携していく2次代理店の方々にとっても非常に魅力的なことだと考えています。これで、ハードウェアやサポート網を持たない様々な形の販売店もINSUITE®99の販売代理店として製品を扱っていただくことができるようになります。

これを受けて加賀ソルネットの取締役社長 嶋内敏博は、次のように述べています。

ドリーム・アーツのINSUITE®99はナレッジマネジメント支援型グループウェアとして中小規模組織との親和性が高く、それゆえに中小規模企業とのパイプをもった販売店にとっても非常に魅力のある製品です。今回加賀ソルネットが1次代理店としてソフトウェア、ハードウェアおよびサポートまで2次代理店の方々に対して提供することにより、提携2次代理店にとって大きなメリットを生み出すと確信しています。

ドリーム・アーツでは、今年度中に1次代理店クラスの販売代理店を15社、2000年度中に2次代理店まで含め200社に販売代理店を増やす予定です。

※文中に記載のすべての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。