2004年6月15日

日産自動車、新業務体制の情報共有基盤としてドリーム・アーツのINSUITE®Enterpriseを導入

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリー ム・アーツ)は、日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座社長:カルロス・ゴー ン、以下日産自動車)が、お客さま視点でのマーケティング業務の情報共有基盤として、ドリーム・アーツが提供するEIP製品「INSUITE®Enterprise:インスイート・エンタープライズ(以下INSUITE®:インスイート)」を導入したことを発表いたしました。

新業務体制の情報共有基盤として INSUITE®:インスイートを採用

日産自動車では、迅速な情報共有手段としてIT活用は不可欠であるという認識のもと、数ヶ月間にわたり国内外のEIP製品、SFA製品を比較検討した結果、国内で既に多数の稼動実績を持つINSUITE®:インスイートが、以下の点で大きな期待を持てると判断し最終的に当製品が選択されるに至りました。

  • ノンプログラミングで業務ポータルを構築できるバランスの良い機能性
  • 短期間で確実に安定したサービスを提供できる信頼性
  • カスタマイズ等で柔軟に機能を付加できる拡張性

日産自動車では、”お客さま視点のエリアマーケティング”をナレッジ化するツールとしてINSUITE®:インスイートを評価し、今後も、活用度を高めていく予定です。

また本システムの販売・導入はINSUITE®:インスイートの販売パートナーである日本ユニシス株式会社が行いました。

ドリーム・アーツ「INSUITE®Enterprise」について

一切のプログラミング無しで社内のイントラネット・システムや外部のウェブ・システムの情報をブラウザ上にポートレット化して表示できる、「ノン・プログラミングEIP」機能を有するポータル構築ソフトウェアです。ブラウザに表示されるポータルの情報は部門や職務に応じて自動的に設定され、ログインする利用者に応じて最適な情報やeサービスへのアクセスを可能にします。利用者は異なるシステム或いはサイト上の必要なページの必要な部分のみを一括して利用することができます。また、強力なシングルサインオン機能により、情報アクセスに必要な複数のID、パスワードを集約し、情報やeサービスへのアクセスをより簡易にすることも可能です。さらに、本格的エンタープライズレベルのスケジュール管理、ドキュメント共有、アクセスコントロール対応型の全文検索エンジン等の強力なグループウエア機能により役職・職種を問わず全てのITユーザの情報共有とコミュニケーションの円滑化を実現します。

株式会社ドリーム・アーツについて

株式会社ドリーム・アーツは平成8年12月に設立されたeビジネスを支える多様な最先端システムソリューションを企画、開発、提供する独立系エンタープライズ・eサービス・インテグレータです。『INSUITE®Enterprise』『InterBrain®』などのソフトウェア製品事業や、国内最大規模のEC構築/コンサルティングなどのシステム開発・コンサルティング事業を通じてエンタープライズ・eサービスの発展に貢献します。