2003年10月29日

ニイウスグループのUDB LINUXジャパン、ドリーム・アーツおよびイーズ・コミュニケーションズとLinuxで動く情報統合ポータルのソリューション提供で提携 -Webフロントと既存システム/データベースを結び、包括的情報アクセスが可能に-

ニイウス株式会社(本社:東京都中央区、代表執行役社長:末貞郁夫、以下ニイウス)のグループ企業でLinuxとIAサーバ事業の中核を担うUDB LINUXジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:嶂南利昭、以下UDB LINUXジャパン)は、このたび株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)ならびにイーズ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平沢昌雄、以下イーズ)と提携し、企業情報ポータル(EIP)ソフトウェア「INSUITE®Enterprise」と既存データベース統合ソフトウェア「LinkmaxES」を組み合わせた、Linuxで動く情報統合ポータルソリューションを販売することを発表いたしました。

今回の販売提携は、UDB LINUXジャパンのソリューション・ラインアップに、両社のLinux対応情報統合ソリューション製品が必須であるとの判断から合意に至ったものです。これによりUDB LINUXジャパンは、ポータル化したWebフロントと営業支援、ナレッジマネジメントなどのアプリケーションの統合、さらに既存システムの連携までをLinuxベースで包括的に提供できるようになり、企業のLinuxシステム導入を加速するとともに、既存システムとの連携や既存情報資産の有効活用も実現できるようになります。

今日の企業活動では、社内の各種システムやメール、グループウェア、インターネットなど多種多様な情報へのアクセスが要求される反面、ビジネスの多様化や組織改変により企業内のアプリケーションやデータは増加傾向にあり、多くの情報に対して、より効率的にアクセスすることが求められています。一方、散在するシステムやデータベース情報への個別アクセスは、時間の浪費だけでなく、必要な情報の見逃しや誤り、情報レベルの個人格差など、情報活用の非効率化を生み出します。このような状況から、社内外に散在する情報をブラウザに集約して表示し、情報資産の活用を効率化する「企業情報ポータル:EIP(Enterprise Information Portal)」が注目されており、国内企業でも導入が進んでいます。またこれからの企業情報ポータルにおいては、ウェブ・システムだけでなく、クライアント・サーバシステムやロータスノーツなど既存データベース資産をポータルに結びつけ、有効活用できるようにすることが求められています。

今回の提携により、両社の製品をUDB LINUXジャパンのソリューション・ラインアップに追加することで、これまで各社との提携により提供してきた各種Linuxソリューションをシームレスに統合し、ユーザーが効率的にアクセスできるようになります。「INSUITE®Enterprise」で構築したポータルに対して、必要に応じてLinuxで稼動する営業支援やナレッジマネジメントのソリューションを組み合わせることにより、簡単に「営業支援ポータル」「ナレッジポータル」などの「目的別のポータル」を実現できます。さらに、「LinkmaxES」により、Linuxの営業支援ソリューションの案件情報と、関連する基幹系システムの顧客マスター情報や取引情報をポータルに表示することが可能となるなど、Linuxソリューションとバックエンドの既存システムに蓄積された情報が連携できるようになります。

ソリューションの販売とサポートに関しては、UDB LINUXジャパンが中心となり、中堅企業や地方の企業に対しても積極的な販売活動を展開する予定です。また、ニイウスからも直販で大手企業に販売活動を行ないます。

UDB LINUX JAPAN ソリューション体系(PDF 154kb)

今回提携した2社の製品の特長は以下のとおりです。

●ドリーム・アーツ「INSUITE®Enterprise」
一切のプログラミング無しで社内のイントラネット・システムや外部のウェブ・システムの情報をブラウザ上にポートレット化して表示できる、「ノン・プログラミングEIP」機能を有するポータル構築ソフトウェアです。これにより、利用者は異なるサイト上の、必要なページの、必要な部分のみを自分の好みにあわせて同時に複数表示することができるため、必要な情報に一括してアクセスすることができます。当機能は通常想定される大企業におけるポータル連携において、適用可能率が90%(注*ドリーム・アーツ独自調査による)を超えています。また、情報のアクセスに必要な複数のID、パスワードを事前設定することにより、面倒なパスワード入力を減らし、ユーザー固有の情報を取り出すことが可能です。さらに、本格的なグループウェアレベルのスケジュール管理機能やドキュメント共有機能、全文検索エンジンなどで社員の情報共有とコミュニケーションの円滑化を実現します。ブラウザに表示されるポータルの情報は部門や職務に応じて設定しておき、ログインする利用者に応じて最適な情報を取り出し易くするとともに、部門や職務ごとの情報伝達を効率化します。
●イーズ「LinkmaxES」
企業内に散在するデータベースに格納されている既存情報を統合する、国内初のEII(Enterprise Information Integration=企業情報統合)構築ソフトウェアです。ポータル構築ソフトウェア製品と組み合わせることにより、利用者が「必要な時に正しい情報・正しいデータをタイムリーに入手できる」、データ指向のポータルの構築を実現します。異なるデータベースにまたがる情報を結び付けて、あたかもひとつのデータベースのように扱う「仮想データベース」機能により、例えばOracleなどに格納されている顧客データの顧客名で紐付けて、ロータスノーツに格納されている関連する文書情報をアクセスしてポータルから一括してアクセスすることができます。また主要なリレーショナルデータベース以外にも、ロータスノーツ/ドミノのデータベースやMicrosoft Excelのデータ、XML、テキストファイルなど様々なデータへの透過的なアクセスを可能としています。従来は、このような情報統合のニーズに対して、さまざまなデータベースからデータを抽出・変換して大規模なデータウェアハウスを構築するアプローチで解決するのが一般的でした。これに対してイーズの仮想データベース技術による情報統合のアプローチは、データの移動と変換のコストを劇的に削減しながらリアルタイムな情報アクセスを可能として、事業統合などの変化に強い情報統合基盤を実現し、部門間やグループ会社間の情報統合も促進します。

参考価格

ドリーム・アーツ、イーズのソリューションをIAサーバ IBM xSeriesあるいはブレードサーバ、Linuxプラットフォーム、アプリケーションソフトウェアのライセンスとともに、ソリューションセットとしてトータルに提供するとともに、性能の最適化(チューニング)、高可用性クラスタ環境の構築などにも対応します。

ポータルソリューションセット
ラックマウントのIAサーバとLinux、「INSUITE®Enterprise」のライセンスと前提ソフトウェアのライセンス等を含むエントリー構成で、約1200万円から。
情報統合ソリューションセット
ラックマウントのIAサーバとLinux、「LinkmaxES」のライセンスと前提ソフトウェアのライセンスを含むエントリー構成で、約1000万円から。

(注)本セットはシステムごとのカストマイズ条件によって価格が変わります。また保守費用とサービス費用が別途必要になります。

INSUITE®Enterpriseは株式会社ドリーム・アーツの登録商標です。
LinkmaxEXはイーズ・コミュニケーション株式会社の登録商標です。
その他記載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

イーズ・コミュニケーション株式会社について

イーズ・コミュニケーション株式会社は、EII(Enterprise Information Integration=企業情報統合)技術を中心に、日本の企業が持つ多様なデータ資産の有効活用を支援するソフトウェア製品の開発・販売を目的に設立されました。既に様々な企業のデータ連携・統合分野での実績があります。詳しくは、http://www.ize-communications.comをご覧ください。

UDB LINUXジャパン株式会社について

UDB LINUXジャパン株式会社は、ニイウスグループにおけるLinuxとIAサーバ事業の中核としての役割を担う、ニイウス100%出資会社です。Linux事業の顧客基盤の拡大に伴い、エンタープライズ・ソリューションの提供、新規顧客の開拓、サービスの充実を実現するため、2003年9月1日、新社名により業務を開始しました。Linux対応の各種企業向けソリューションと価格性能比の優れたIAサーバ、周辺機器、プロフェッショナルサービスを総合的に提供します。

ニイウス株式会社について

ニイウス株式会社は、ビジネス・サーバ・システムによる情報システム構築を行なうソリューション・プロバイダーとして、1992年7月17日、日本アイ・ビー・エム株式会社と株式会社野村総合研究所の合弁会社として設立されました。高い技術力を持つSEを多数有しており、最新の技術動向に対応した高品質なソリューションを提供しています。2002年12月、全システム部門で品質マネジメントの国際標準規格ISO9001を取得。2003年6月2日、東京証券取引所市場第一部に上場いたしました。詳しくはhttp://www.niws.co.jp/をご覧ください。

株式会社ドリーム・アーツについて

株式会社ドリーム・アーツは1996年12月に設立されたeビジネスを支える多様な最先端システムソリューションを企画、開発、提供する独立系ソリューション・プロバイダです。『INSUITE®』、『InterBrain®』などのソフトウェア製品事業や、国内最大規模のEC構築/コンサルティングなどのシステム開発・コンサルティング事業を通じてエンタープライズITの発展に貢献します。