2002年11月6日

大塚商会がドリーム・アーツの次世代EIP「INSUITE®Enterprise」で技術及び販売提携しLinuxビジネスの基幹ソリューションとして発売

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都港区、社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、ソリューションプロバイダーの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、社長:大塚 裕司、以下大塚商会)と、次世代フロントエンドEIP「INSUITE®Enterprise(インスイート・エンタープライズ)」で技術及び販売提携し、大塚商会のLinuxソリューションメニューを拡充致しました。本格化してきたLinuxビジネスの戦略製品として、全面的に販売するとともに、コンサルティングからシステム構築までをトータルソリューションとして事業展開いたします。

今般MS-WindowsプラットフォームからLinuxプラットフォームへ移行、拡張することへの市場ニーズも急増しておりますが、大塚商会とドリーム・アーツはコストパフォーマンスに優れ、安定性のあるLinuxプラットフォームを活用したビジネスソリューションにいち早く注力してきました。大塚商会のLinuxネットワーク構築技術・ノウハウを基盤に、ドリーム・アーツの「INSUITE®Enterprise」をLinuxビジネスの基幹ソリューションとして提供する事で、堅牢なセキュリティを確保しながらもコストパフォーマンスに優れ付加価値の高いソリューションを”ワンストップ”で提供することが出来ます。Linuxに関する充実したサポート体制を持つ大規模プロバイダーは少なく、Linuxアプリケーション製品も少ないのが実態の中、非常に市場ニーズの高い製品、サービスになると予測されます。

社はセミナー・イベントや販売等にて全面的に協業を行い、市場展開を行います。販売ターゲットは、100名~1,000名規模の中堅企業に対してプロモーションを行います。

販売ターゲット及び目標

  • ターゲット100名~1,000名企業
  • 販売目標年間50システム
  • サービスシステム販売、システムコンサルティング・構築、保守サポート

株式会社ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本孝昭

「INSUITE®Enterprise」は、企業のエンパワーメントに必要な情報や知識を共有し、的確な意志決定を支援することで、ITによる社員の生産性向上を実現する次世代フロントエンドEIPです。大塚商会様のLinuxビジネスにおける豊富なノウハウ・トータルサポート体制と、ドリーム・アーツの提供する「INSUITE®Enterprise」のシナジーにより、中堅から大規模組織のお客様の多様なニーズに対して応えることのできる高付加価値ソリューションの提供が可能になります。

製品概要

価格
    1クライアントあたり1万5,000円(1,000名規模、フルオプションの場合)
発売開始
    平成14年7月1日
機能特長
    EIP機能:革新的なノン・プログラミングEIPを実現
    • 全社・部門・個人等、それぞれに最適な企業内外の情報を選択して表示するポータルの作成が可能です。
    • プログラミングすることなく、簡単にポートレット作成を可能とする機能を搭載。EIP製品初となる「ノン・プログラミングEIP」を実現しました。
    グループウェア機能:抜群の使いやすさと、きめ細かな組織、権限管理を実装
    • 電子メールやスケジュール管理、会議室予約等、グループ協調作業を支援。企業活動の最前線=現場レベルの情報収集及び共有の基盤として機能します。
    • クライアント端末を選ばないマルチデバイス対応(携帯電話:iモード・EZweb・J-sky、モバイルデバイス:Palm、PocketPC)を実現。
    • ドリーム・アーツ独自技術である「サーバーサイドクッキー」を採用、モバイル環境でも万全のセキュリティを確保しています。
    ナレッジマネジメント機能:現場の新鮮な情報、体験の流通を加速
    • グループウェア機能などで集めた情報をデータベース化、検索やレポート作成などを可能にし、情報を「知識=ナレッジ」に昇華します。
    • 高速な全文検索エンジンをあらかじめ搭載。企業内のナレッジ活用を強力に支援します。

EIP(Enterprise Information Portal)

企業内のさまざまな情報システムにあるデータを、Webブラウザなどのクライアントソフトから、一括して閲覧できるようにする仕組みや、それを実現するシステムのこと。