2001年11月7日

AirH”(エアーエッジ)を活用したeCRMトータルソリューション提供における協業について

DDIポケット株式会社(以下DDIポケット、本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田健)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下日本HP、本社:東京都杉並区、代表取締役社長:寺澤正雄)、および株式会社ドリーム・アーツ(以下ドリーム・アーツ、本社:東京都港区、代表取締役社長:山本孝昭)の3社は、定額制ワイヤレスデータ通信サービス「AirH”」を活用した高付加価値eCRM(electronic Customer Relationship Management)トータルソリューションの提供について、協業していくことで合意いたしました。

現在、企業や大規模法人等のエンタープライズ市場では、顧客の活動履歴、案件情報、クレーム、問合せ情報、個人・会社情報等を統合管理することで新たなマーケティング展開に発展させるeCRMソリューションへの取り組みが盛んになっております。さらに客先にいながらにして最新の情報を使用しての顧客対応を可能にする、ワイヤレスデータ通信サービスとPDAを組み合わせた使用法も注目されています。

今回の協業スキームでは、DDIポケットが提供する定額制ワイヤレスデータ通信サービス「AirH”」、日本HPが提供する価格性能比に優れたLinuxサーバ「hp netserver(ネットサーバ)」やポケットPC端末「hp jornada(ジョルナダ)」、ドリーム・アーツが提供するオールインワンの新世代EIPプラットフォーム「INSUITE®One(インスイートワン)」を組み合わせ、トータルソリューションとして提供します。また、カスタマイズやインテグレーションは、日本HPやドリーム・アーツならびにそのSIパートナが行ないます。これにより、モバイル環境からのデータ通信コストを削減する一方で、より広範囲な情報の収集と蓄積、及び分析を可能にする先進的な高付加価値eCRMソリューションの提供を実現します。なお、初年度の目標として、約30社への導入を計画しております。

今後も、DDIポケット、日本HP、ドリーム・アーツでは、エンタープライズ市場における様々なニーズに積極的に取り組んで参ります。

EIP: エンタープライズ・インフォメーション・ポータル(企業情報ポータル)の略称。企業情報の窓口として、社内外の様々なリソースに様々な端末から一元的にアクセスすることを可能にする。