2001年10月29日

ドコモ・システムズ、日本ピープルソフト及びドリーム・アーツと協力し、iモード対応携帯電話を利用したERPソリューションを開発 -PeopleSoft社の「PeopleSoft 8」とドリーム・アーツの「InterBrain®」を用いて、高セキュリティシステムを構築-

ドコモ・システムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中津川丹、以下ドコモ・システムズ)、日本ピープルソフト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:石垣清親、以下日本ピープルソフト)、及び株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都港区、社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、iモード対応携帯電話を利用したモバイルERPソリューションを三社の協力体制により、今般開発いたしました。

ドコモ・システムズは、iモードを展開するNTTドコモのグループ企業であり、コンサルティングからソフトウェア開発、ハードウェア販売、システム構築、技術サポート・メンテナンスまでの総合エンジニアリング機能に基づいたシステムインテグレーション事業を展開しています。特に、エンタープライズ市場において急速にニーズが高まっているビジネスモバイルについて、ドコモグループの強みを活かした多様なソリューションを提供している他、ERP(Enterprise Resource Planning)分野においては、日本ピープルソフトが提供するPeopleSoft製品を活用し、お客様企業のシステム構築を手がけております。

これらの豊富な実績に基づき、日本ピープルソフトのピュアインターネットアプリケーション、及びドリーム・アーツの先進的かつミッションクリティカルな技術の統合により実現した上記ソリューションは、従来デスクトップ利用が中心だった企業の基幹系アプリケーションのモバイル・フロンティアを拓くものといえます。iモード携帯電話からいつでもどこでも手軽に基幹業務アプリケーションを利用できるソリューションにより、ビジネスのスピードアップなど、お客様に新たな利便性・付加価値を提供することが可能となります。

日本ピープルソフトのPeopleSoft 8カスタマ リレーションシップマネジメント(CRM)、サプライチェーン マネジメント(SCM)、財務/管理会計ソリューション、人材管理ソリューションは顧客、サプライヤ、そして従業員間のコラボレイションを可能にします。 PeopleSoft 8は、WEBサイトと同じルックアンドフィールで、端末に一切コードが依存していないため、メンテナンスや研修コストを大幅に削減できます。

ドリーム・アーツは、シングルサインオン、SOAPによるデータ互換、マルチデバイス対応など、先進的な機能を実装し、ユビキタス・コンピューティング環境を可能にする次世代eビジネス統合プラットフォーム「InterBrain®」により、本スキームにおけるソリューションのiモード対応を実現します。さらに、本ソリューションにおいては、「InterBrain®」のSSC※(Server Side Cookie:特許申請中)機能により、iモード対応携帯電話を含めた、高セキュリティを確保した堅牢なシステムを構築する事が可能になります。

iモード等のCookieが利用出来ない端末においても、Cookieを利用したアプリケーションを全く変更することなく動作する事を可能にした機能。

ドコモ・システムズ株式会社について

ドコモ・システムズは、NTTドコモの戦略的ソフトウェア開発パートナーとして、ドコモ社内システム、iモード、MMアプリケーションソフトウェアなどの開発分野で開発業務を分担すると同時に、ドコモ以外からもモバイル関連システムの受託開発を行っています。グローバルな視点で未来を先取りする、情報と通信技術のプロフェッショナル集団として、新しいコミュニケーション文化の創造に貢献します。

日本ピープルソフト株式会社について

日本ピープルソフト株式会社は、1996年9月にピープルソフトインクの日本法人として設立され、トヨタ自動車株式会社様をはじめとする、国際的にビジネスを展開するグローバル企業、また、日本市場に根付いた大企業及び中堅企業に対しソリューションを提供しております。全世界で4,500社の導入実績を持つ優れた製品とサービスの提供に加え、お客様との確かなパートナシップを通じて、企業力の向上に貢献すること、それがピープルソフトの使命です。

株式会社ドリーム・アーツについて

ドリーム・アーツは、eビジネスを支える多様な最先端システムソリューションを企画、開発、提供する独立系ITベンチャー企業です。国内最大規模のECサイト構築/コンサルティングや、KM(ナレッジマネジメント)支援型の新世代EIP(企業情報ポータル)プラットフォーム「INSUITE:インスイート」、次世代eビジネス統合プラットフォーム「InterBrain®:インターブレイン」等の最先端インターネット・システム製品の企画、開発、販売を通してエンタープライズITの発展に貢献します。