2001年2月1日

日本HP、ドリーム・アーツ、横河レンタ・リース エンタープライズ・コンピューティング市場へのLinuxビジネス・ソリューション開発、製品化で提携 -ドリーム・アーツ社のINSUITE(インスイート)と日本HPの「hp netserver(ネットサーバ)シリーズ」をベースに、横河レンタ・リース社がエンタープライズ市場に向けてパッケージ化し、販売及びサポートを提供-

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本HP、本社:東京都杉並区、代表取締役社長:寺澤正雄)、株式会社ドリーム・アーツ(以下、ドリーム・アーツ、本社:東京都港区、代表取締役社長:山本孝昭)、横河レンタ・リース株式会社(以下、横河レンタ・リース、本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:猪又仁)は、エンタープライズ市場へ向けたLinuxビジネス・ソリューションの開発・提供を含めた広範囲な事業で業務提携し、積極的なビジネス展開をすることで合意したと発表いたしました。

今回の提携にあたり3社は、エンタープライズ・ユーザに対する優れた納入実績を有し、Linuxに対応した日本HPのハイコストパフォーマンスPCサーバである「hp netserverシリーズ」と、すでに国内の企業、公官庁等の中・大規模組織において約800サイトの導入実績を持つドリーム・アーツ社のナレッジマネジメント支援型・次世代グループウェアINSUITEをベースとし、横河レンタ・リース社がこれらに対するキッティングを行うことにより、ターンキー・ソリューション化した商品としてエンドユーザに対する販売、Linuxサポートの提供を行い、エンタープライズ・ユーザに対して最適なソリューションを提供していきます。

日本HPは新たにLinuxベースのKM(Knowledge Management:ナレッジマネジメント)、SFA(Sales Force Automation:セールス・フォース・オートメーション)ソリューションを加えることができ、エンタープライズ・マーケットにおいて顧客開拓を積極的に行います。また、この顧客開拓を受け、ドリーム・アーツ社は今回のソリューションの中核を成すINSUITEを、そのターゲットである中大規模のエンタープライズ・マーケットにさらに広く展開していくことが可能になります。さらに、横河レンタ・リース社は今回の提携でLinux拡販のためのパートナーを得ることにより、従来から持つLinuxシステム構築に関する高い技術力を活かしてLinuxソリューションの販売・サポートビジネス拡大を図ることができるようになります。今後3社は、日本HPの顧客開拓、ドリーム・アーツ社のエンタープライズ・ビジネス・ソリューション開発、横河レンタ・リース社のLinuxシステム構築・販売・サポートというそれぞれの強みを活かし、INSUITEを活用したKM(Knowledge Management:ナレッジマネジメント)、SFA(Sales Force Automation:セールス・フォース・オートメーション)分野におけるサーバビジネスを視野に入れて、製造業や流通業等の中大規模ERP顧客に対してビジネス展開を図っていきます。

今回の3社提携による具体的なエンタープライズ・ビジネス・ソリューションとしては、Oracle等に対応可能なデータベースを持つというINSUITEの特長を生かした基幹系プロダクトとの連携活用、INSUITEとメールサーバとの共存活用等が挙げられ、これらのソリューションが優れたLinuxサポートの元に提供されます。また、3社が提供するこれらのビジネス・ソリューションはINSUITEの携帯端末機能を活用することにより、様々なビジネスシーンで活用可能なビジネス・モバイル・ソリューションとしても提供することができます。売上目標としては、ハードウェア、ソフトウェア、システム構築費用を含めた全体で初年度10億円を予定しています。今後も、日本HP、ドリーム・アーツ、横河レンタ・リースの3社は、提携による開発、販売、サポートを進め、エンタープライズ・コンピューティング市場向けの具体的なビジネス・ソリューションを提案、提供していきます

株式会社ドリーム・アーツについて

ドリーム・アーツは、最新のインターネット技術とマーケティングをベースにSIPS(Strategic Internet Professional Service:ストラテジック・インターネット・プロフェッショナル・サービス)事業とシステム製品事業を併せ持つ独立系ITベンチャー企業です。また、データベース設計/構築に基づく企業コンピューティング関連の豊富なノウハウを有し、Linux、JAVAをベースにした国内最大規模のECサイト構築/コンサルティングや、インターネット完全準拠のナレッジマネジメント支援型グループウェア「INSUITE」等のIPソフトウエア製品の開発、販売を手がけています。
詳細は、弊社のホームページ(https://www.dreamarts.co.jp)をご覧ください。

「INSUITE」について

INSUITEは、ナレッジマネジメントに主眼を置いたグループウェアであり、今までにはなかった「時間軸」の概念を取り入れることで、より自然に知識の創造、そして活用を実現します。Web対応型であるため、ブラウザからきめ細やかな設定が簡単に行え、導入日からすぐに活用することが可能です。また、INSUITEは、Oracle、DB2、PostgreSQLからデータベースを利用でき、データベースの設計も公開しているので、様々なアドオンソフトをニーズに合わせて付加させていくことができます。さらに、ノートPCからはもちろん、iモードやPalmOSにも対応しており、モバイルユーザも機能をフル活用することが可能な製品となっています。INSUITEなら、従来型のグループウェアには無い操作性、低価格型のグループウェアでは実現できない付加価値の高いソリューションを提供することができます。INSUITEは、OSとしてLinuxを採用していますが、今回の3社によるエンタープライズ・ビジネス・ソリューションとして提供するINSUITEにつきましては、ターボリナックスジャパン株式会社のTurboLinux 6.1 Server日本語版をベースとしています。INSUITEについての詳細は、INSUITEのホームページ(https://www.insuite.jp/)をご覧下さい。

日本ヒューレット・パッカード株式会社について

Hewlett-Packard Company(以下HP)は、コンピューティングとイメージングソリューションおよびサービスを世界規模で提供するリーディングカンパニーです。HPは、シンプルな「appliances」、効果的な「e-services」、「always on internetinfrastructure」を通じて個人および企業ユーザーが技術と技術が生み出す利便性をいつでも利用できるような環境の創造を目指しています。日本ヒューレット・パッカード株式会社は、HPの日本法人であり、日本市場でインターネットソリューションのリーディングカンパニーを目指しています。従業員数約3,000人です。詳細は、ホームページ(http://www8.hp.com/jp/ja/home.html)をご覧ください。

横河レンタ・リース株式会社について

横河レンタ・リースはメーカ系ハイテク製品のレンタル会社として業界2位の企業で、マルチ・プラットフォームのコンピュータ製品を顧客にレンタルとして提供していると共に、レンタル事業だけでなく、6年前より日本ヒューレット・パッカード株式会社の1次店としてUNIX系、PC/PCサーバ系製品等を幅広く、販売/ディストリビューションしています。また、Linux商用システムのインテグレーションに幅広い実績を積んでいます。また、アプリケーション・サービス・プロバイダ・ビジネス・コンソーシアム(略称:ASP-BC)の幹事会社として日本のASP事業推進のための活動をしています。

Linuxへの取組について

Linuxシステムのコンサルティング/構築/インテグレーション/運用・保守/教育とお客様のご要求にワンストップでお答えできる体制を引くと共に、リナックス・クラスタリング・システム等の最新技術も積極的に取り入れてシステム構築を行っています。IDC/XSPといったLinuxのインフラ提供の要求のある市場のみならず、Linux上で配信されるデジタル・コンテンツや商用情報配信システムといったアプリケーションまで含めたシステム構築に実績を積んでいます。また、顧客の責任範囲の広いLinuxベースのシステムをアプリケーションまで含めてトータルでサポートするスキームを顧客に提供しています。

※文中に記載のすべての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。