2021年10月28日

大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」がゼロトラストセキュリティを推進する「Enterprise Application Access」と連携

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、ドリーム・アーツが提供する大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB®(スマートデービー)」が、アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:山野 修、以下 アカマイ)が提供するID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access(以下 EAA)」とサービス連携を開始したことをお知らせします。本連携サービスは2021年10月28日より提供を開始しています。

サービス連携の背景

ドリーム・アーツは「デジタルの民主化」を提唱し、業務に精通する現場部門(非IT部門)自らが実現する業務デジタル化の取り組みを推進しています。そして、大企業における「デジタルの民主化」を強力に支援するソリューションが大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」です。複雑な業務プロセスに対応するワークフロー機能や、データ蓄積はもちろんダイナミックで緻密なビュー制御をもつWebデータベース機能を備えており、大企業に必要なきめ細かな権限設定や高度なセキュリティ要件にも対応しています。 「SmartDB」は、ノーコード・ローコード開発基盤として、現場個別の業務から全社共通業務まで、現場部門でもクイックに業務デジタル化を実現できます。
アカマイの提供するEAAは、複数のクラウドやデータセンター上に分散したさまざまな業務アプリケーションへのセキュアなアクセスを容易に実現し、業務効率とセキュリティを同時に改善するソリューションです。アプリケーションへのアクセスは、ネットワークの内外に関わらず、常に認証・認可をおこなう「ゼロトラスト」モデルをベースとし、安全なアクセスが可能となります。

今回「SmartDB」とEAAが連携することで、「SmartDB」上に構築されたさまざまな業務を、EAAによりセキュリティと業務効率を両立して利用できるようになります。また、シングルサインオンに対応できるため、その他クラウドサービスとも連携しやすくなります。これにより、新型コロナウイルス感染症の流行などの影響で普及したテレワーク・リモートワークの利点を最大限活かせる組織の働き方を支援いたします。

【サービス連携イメージ】

サービス連携イメージ

オンラインセミナーの開催について

両サービスの内容と、連携時のメリットや利用イメージをより知っていただくために、アカマイとドリーム・アーツによるオンラインセミナーを開催いたします。

セミナー名 業務デジタル化×ゼロトラスト・セキュリティ
大企業のクラウド活用に必要なセキュアな環境づくりと業務アプリの活用
開催日時 2021年11月30日(火)15:00~16:00
開催場所 オンライン(Zoom)
参加費 無料(先着80名まで)
お申し込み https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se211130/
主催 アカマイ・テクノロジーズ合同会社、株式会社ドリーム・アーツ

ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。


大企業における業務デジタル化の課題と、その解決策として「SmartDB」で、どのように業務デジタル化を実現できるのかをご紹介する資料を公開しました。ぜひご覧ください。

3分でわかる「SmartDB」

3分でわかる「SmartDB」