2021年8月26日

AIチャットボット対応のチャットサポートツール「ChatPlus」と大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」が連携 チャットサポートにおける業務ノウハウとデータの活用を加速

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたびドリーム・アーツが提供する大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB®(スマートデービー)」が、チャットプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:西田省人、以下チャットプラス)が提供するAIチャットボット対応のチャットサポートツール「ChatPlus」と連携したことを発表します。本連携サービスは2021年8月26日より提供を開始しています。

「SmartDB」と「ChatPlus」の連携で実現できること

「ChatPlus」は、チャットサポートツールをWebサイトやアプリに簡単に埋め込むことができる、AIチャットボット対応のチャットサポートツールです。Webページにタグを貼るだけで、すぐにチャットやチャットボットの導入ができ、ページ閲覧者とリアルタイムで会話できます。プログラミングの知識がなくてもリッチなチャットボットを簡単に作ることができ、完全無人での対応や、オペレーターによるチャットとあわせたハイブリッドな運用をおこなえます。
「SmartDB」は、大企業の業務デジタル化をノーコード・ローコードで実現するクラウドサービスです。稟議書などの申請ワークフローから、新商品開発やヒヤリハットのような業務プロセス管理まで、あらゆる業務をデジタル化するためのワークフローとWebデータベース機能を高度なレベルで備えています。

「SmartDB」では「お問い合わせFAQアプリ」や「製品活用ノウハウ共有アプリ」のような業務アプリの作成ができます。それらのアプリを利用することで、さまざまな業務データが「SmartDB」に蓄積されますが、このデータを「ChatPlus」で活用するには手作業で入力しなおす必要がありました。
このたび実現した両サービスの連携では、「SmartDB」で作成した業務アプリに蓄積されたデータを「ChatPlus」からシームレスに呼び出しが可能となり、データを二重入力する手間の削減や、入力間違いなどの防止につながります。
また、「ChatPlus」からのデータの参照可否については、「SmartDB」のアクセス権限の管理や承認ワークフローの機能によって緻密に管理できるため、不用意なデータ公開なども防ぐことが可能です。

【イメージ:「SmartDB」と「ChatPlus」のAPI連携】

イメージ:「SmartDB」と「ChatPlus」のAPI連携

価格・利用条件について

本連携サービスは、「SmartDB」の他システム連携サンプルとして提供いたします。価格は無償です。
ご利用いただくためには「ChatPlus」および「SmartDB」をお申し込みいただく必要があります。詳しくはお問い合わせください。
「ChatPlus」は、プレミアムプラン(月契約:30,000円/月、年契約:28,000円/月×12ヵ月)以上で利用可能です。「SmartDB」は、500名まで月額500,000円で利用可能です。501名以上でのご利用の場合は個別お見積りとなります。
価格はすべて税抜きです

ウェビナーの開催について

両サービスの内容と、連携時のメリットや利用イメージをより知っていただくために、チャットプラスとドリーム・アーツによるウェビナーを開催いたします。

セミナー名 ナレッジの一元管理で運用効率アップ 解決率80%のチャットボットメンテナンス法とは?
開催日時 2021年9月29日(水) 15:00~16:00
開催場所 オンライン(Zoom)
参加費 無料
お申込み https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se210929/
主催 チャットプラス株式会社、株式会社ドリーム・アーツ

ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。


大企業における業務デジタル化の課題と、その解決策として「SmartDB」で、どのように業務デジタル化を実現できるのかをご紹介する資料を公開しました。ぜひご覧ください。

3分でわかる「SmartDB」

3分でわかる「SmartDB」