2021年8月12日

大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」とアイデンティティ管理・認証基盤「Okta Identity Cloud」が連携

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたびドリーム・アーツが提供する大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB®(スマートデービー)」が、Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇、以下 Okta)が提供するアイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,100以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に登録されたことを発表いたします。本連携サービスは2021年8月1日より提供を開始しています。

実現できること

「SmartDB」は、大企業のあらゆる業務のデジタル化を支援するクラウドサービスです。稟議書などの申請ワークフローから、新商品開発やヒヤリハットのようなプロセス管理まで、さまざまな業務をデジタル化するためのワークフローとWebデータベース機能を高度なレベルで備えています。
今回、「SmartDB」がOINに登録されたことにより、「Okta Identity Cloud」を利用する組織や企業のIT管理者は、「SmartDB」とのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。
昨今、組織や企業が業務で利用するクラウドサービスの導入数が増えていることから、利用者が迅速に利用開始できることと同時に安全なアクセスを提供することがシステム管理者に求められています。OINへの登録により、システム管理者は、さまざまなクラウドサービスをSSOに追加する作業時間のスピードと効率を大幅に向上させることができます。

両サービスのAPI連携によりさらに利便性を向上

「SmartDB」と「Okta Identity Cloud」をAPI連携させることで、さらに利便性が向上します。例えば、「Okta Identity Cloud」のID発行申請業務では、ID発行に必要な社内の申請ワークフローを「SmartDB」で実現し、承認などの手続きが完了した情報を「Okta Identity Cloud」に連携することでID発行が完了する、といった一連の業務プロセスを構築できます。

【API連携のイメージ】

API連携のイメージ

ウェビナーの開催について

両サービスの内容と、連携時のメリットや利用イメージをより知っていただくために、Oktaとドリーム・アーツによるウェビナーを開催いたします。

セミナー名 クラウド時代のセキュアな環境づくりと業務アプリ活用
大企業のためのID・アクセス管理基盤 × アプリ作成基盤
開催日時 2021年9月15日(水) 15:00~16:00
開催場所 オンライン(Zoom)
参加費 無料
お申込み https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/event/se210915/
主催 Okta Japan株式会社、株式会社ドリーム・アーツ

ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。