2009年5月19日

現場のノウハウを業務プロセス単位で共有できる次世代データベースひびき®Sm@rtDB ver.2.0を発表 現場に蓄積された業務ノウハウの流通・再活用を強力に推進する機能を搭載

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、本日、現場における協働を革新するWebデータベース ひびき®Sm@rtDB(ひびき®スマートDB)の最新版ひびき®スマートDB ver.2.0を発表いたします。ひびき®スマートDBは、あらゆるビジネス現場で、情報の管理・統制と抜群の使いやすさを両立するエンタープライズWebデータベースです。ひびき®スマートDB ver.2.0は、データやファイルばかりでなく、業務の手順やフロー、ノウハウを含めた業務プロセス全体を共有することで、継続的な活用・改善による現場の業務の最適化を全社的に促進し、組織力の向上を支援します。

現場のシステムを企業内で共有し、全体最適の実現を徹底支援

現場の非定型業務を補完するシステムは、拠点ごとに無秩序に構築・運用されることが多く、部分最適化を助長し、業務の進め方が統一されないという問題を抱えています。一方、日々変化し続けているビジネス環境に柔軟に対応するためには、継続的な改善を可能にするような仕組みが必要です。

ひびき®スマートDBver.2.0は、現場のシステムを企業内に流通させる場であるIMP(インターナルマーケットプレイス)機能を新たに提供し、現場に蓄積されているノウハウや工夫を業務プロセス単位に集約して全社で共有することで、業務の標準化による全体最適の実現を強力に支援します。さらに、企業内にシステムの構築、流通、改善、再利用というサイクルを創出することで、恒常的な改善活動が促進され、システムを常に新鮮に保ちつつ現場の生産性を高めることも可能となります。

業務遂行を支援する機能を強化し、さらに使いやすく進化

ひびき®スマートDBver.2.0は、現場のシステムを、文書、データベース、ワークフローなどの業務遂行に必要なツールに分類・整理し”業務アプリケーション(アプリ)”としてひとまとめに取り扱うことで、業務ノウハウ・プロセスの見える化と社内での流通を実現しました。”アプリ”が業務ナビゲーションの役割を果たすため、ユーザは業務の流れを一元的に把握し、漏れなく効率的に業務を進めることができます。また、”アプリ”の評価や「お気に入り」の登録をすることもできるため、人気や活用度から”アプリ”の浸透度を測ることができ、使い勝手のよさと管理運用の便利さの両立を実現しました。主な追加機能は次の通りです。

IMP(インターナルマーケットプレイス)機能
現場に蓄積された業務ノウハウを、業務プロセス単位で社内に流通・再活用することが可能になります。
リアルタイムグラフ表示機能
業務の状況をあらゆる切り口からグラフ表示。日々の進捗や業務の状況が一目で把握できます。
サブプロセス機能
ワークフロー内に複数のプロセスを並行して設定することができ、複雑な業務にも柔軟に対応します。
設計ドキュメント自動生成機能
ワークフローの設計情報をそのまま設計ドキュメントとして印刷。メンテナンスの手間を大幅に削減できます。

発売日および価格について

ひびき®スマートDB ver.2.0は、5月20日より発売を開始いたします。ライセンス価格は、1000ユーザの場合、9000円(税抜)/1ユーザです。

ひびき®スマートDB ver.2.0 の主な新機能

  • IMP機能(業務アプリケーション機能)
  • 設計ドキュメント自動生成機能
  • サブプロセス機能
  • 外部連携機能
  • リアルタイムグラフ表示機能
  • 一覧表示印刷機能
  • 英語対応

ひびき®スマートDB ver.2.0 画面イメージ

マイアプリ画面:やるべきことのリストやお気に入り登録をした”アプリ”を一覧表示

画面イメージ1

“アプリ”の詳細画面:業務の手順やフロー、ノウハウを集約して一元管理

画面イメージ2

ひびき®スマートDB ver.2.0を活用したポートレットイメージ

画面イメージ3