2006年10月10日

グループウェアとコミュニティ基盤を強化したINSUITE®の新バージョンを発表 -さらに強力で使いやすく、ユーザビリティとパフォーマンスを向上-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、本日、企業情報ポータル(EIP)INSUITE®Enterprise:インスイート・エンタープライズ(以下INSUITE®:インスイート)の最新版「ver.1.15.0」をリリースいたします。市場の変化と拡大する顧客ニーズに対応し、さらなる性能の向上を図るため、新たに42項目の改善・機能追加を実装いたしました。

本バージョンの特長

本バージョンでは、基本機能、協業・協働機能、ライセンス管理の3点を重点的に強化いたしました。その結果、ユーザビリティとパフォーマンスがさらに向上され、業種・業界を問わず、あらゆるビジネス環境における情報共有の促進とコミュニケーションの円滑化を実現いたします。

基本機能の強化

スケジュール

空き時間検索などの設備予約とのさらなる連携や、繰り返し登録の拡張などに加え、スケジュール登録に新しいデータタイプ「チャート」と「イベント」を追加。スケジュールがさらに視覚化され、煩雑な予定表も、一目で分かるように表現力が向上しました。

電子メール

共有アドレス帳やユーザ検索のオプションを強化し、使い勝手を向上すると共に、メール送信時の表示やサイズ制限条件など管理機能を強化しました。

ワークフロー

代理承認の事前設定、確認のみ可能なユーザ属性を追加、さらに承認径路中の各段階に対し、作業フェーズの組み合わせが可能な「承認フェーズ」機能を実装。お客様の業務フローに適した承認方法の多様化に対応しました。

協業・協働機能の強化

ライブラリ

新しく「コミュニティフォルダ」機能を追加。従来からのファイル添付機能に加え、リッチテキストや画像・テーブル挿入にも対応し、投稿の承認や、情報の「重要度」と「役立度」も設定可能。表現力の高い電子会議室として、ある議題をグループでディスカッションする用途などに最適な機能です。

ライセンス管理の強化

『ひびき®』ライセンスの管理機能を強化

INSUITE®:インスイートを基盤としてシームレスに動作する新世代協業型業務支援システム『ひびき®』のライセンスに関して、INSUITE®:インスイートの管理メニューで管理できるようにするなど、連携をさらに強化しました。

ドリーム・アーツは、今後もお客様のニーズを捉え、「現場力強化」、「企業競争力向上」に役立つ製品を開発し、トータルソリューションとして提供してまいります。