2003年2月1日

INSUITE®Enterprise V.1.4における主な機能拡張

グループウェア機能

Webメール

使い勝手をさらに強化するために、表記方法の変更、詳細画面での機能等を多数追加しました。

  • 特殊フォルダの別名指定:INBOX・送信済み・送信待ち・ごみ箱の各フォルダに別名を指定する機能を追加。
  • 表示設定の詳細化
  • フォルダ表示画面の詳細化
  • メール送信時の重要度指定、受信時の重要度判別が可能
  • メール詳細画面での可能操作の増加:詳細よりフィルタの追加、アドレス追加が可能
  • フィルタの項目追加
  • グループ送信の際の宛先の明記

スケジュール

レポート作成時のユーザの利便性を考え、設定方法を拡張しました。

ナレッジマネジメント機能

ライブラリ

一覧画面において、投稿数・新規投稿・添付ファイルの表示をすることにより見やすさが向上しました。

ファイル共有

アップしたデータを他ユーザに知らせるメール送信時にアップしたデータの詳細を知ることができるようになりました。

EIP機能

  • ポートレット
  • ポートレット設定で予約語を使用できるように追加:ポートレットのヘッダ・フッタおよび取得したHTML内に予約語が含まれる場合、対応する値に変換して出力するオプションを追加

管理画面

  • 登録データの容量制限を追加
  • ファイル共有、スマートページ、ライブラリに登録可能なデータ容量を指定するオプションを追加。

PostgreSQLに対応

Ver1.3では、データベースはOracleのみの対応となっていましたが、PostgreSQL 7.2.3に対応することになり、さらにユーザーの選択肢が広がります。(対応OS:MIRACLE LINUX Standard Edition V2.0)