2021年10月7日

「SmartDB」、電子帳簿保存法の改正に向けて
業務デジタル化応援キャンペーンを開始

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、2022年1月に改正される電子帳簿保存法への対応が迫られる企業からの業務デジタル化に関する相談が増加していることを背景として、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB®(スマートデービー)」による業務デジタル化応援キャンペーンを2021年10月7日より開始します。

電子帳簿保存法の改正に向けて業務デジタル化ニーズが増加

ドリーム・アーツでは、「デジタルの民主化」を提唱し、業務に精通する現場部門(非IT部門)自らが実現する業務デジタル化の取り組みを推進しています。
「SmartDB」は、ノーコード・ローコードで大企業の業務デジタル化を実現するクラウドサービスです。稟議書などの承認ワークフローから、新商品開発やヒヤリハットのような業務まで、あらゆる業務をデジタル化するためのワークフローとWebデータベース機能を高度なレベルで備えています。

【SmartDBで実現できる業務の例】
稟議申請などの承認ワークフロー
注文書や発注書、取引基本契約書などの文書管理
新商品開発や、新店舗開発などのタスク管理
店舗修繕依頼など外部業者への発注を含むプロセス管理
「お客様の声」管理やクレーム管理などの案件管理

2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正において、電子取引の証跡を紙に出力して保存することが認められなくなることから、企業においては業務デジタル化のニーズが急速に高まっています。 そこでドリーム・アーツでは、今すぐに業務デジタル化を進めなければならない大企業を応援するために、業務デジタル化応援キャンペーンを実施します。

業務デジタル化応援キャンペーンについて

新規で「SmartDB」をご契約される企業さまに向け、次のような特典をご用意いたしました。

特典内容 特典1:ご契約後、最初の3ヵ月分の「SmartDB」ご利用料金を0円で提供
特典2:プロフェッショナルSEによる導入支援サービス3ヵ月分を、0円で提供
対象期間 2021年10月7日(木)~ 2021年11月30日(火)
対象者 1,000名以上でご利用の企業
そのほか お申し込み、詳細条件などは下記よりお問い合わせください。
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/form/inquiry/
「SmartDB」業務デジタル化キャンペーン概要図

ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。


大企業における業務デジタル化の課題と、その解決策として「SmartDB」で、どのように業務デジタル化を実現できるのかをご紹介する資料を公開しました。ぜひご覧ください。

3分でわかる「SmartDB」

3分でわかる「SmartDB」