2010年3月29日

TISとドリーム・アーツ、次世代情報共有基盤ソリューションビジネスでの協業を強化-インスイート®とひびき®スマートDBで企業の情報資産活用を支援-

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤宮宏章、以下TIS)、と株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、大企業向けグループウェアおよびwebデータベース(DB)を活用した次世代情報共有基盤ソリューションビジネスでの協業を強化することを発表します。

本協業では、TISがドリーム・アーツの製品である、企業内の情報とナレッジの全てを共有可能にする企業情報ポータル型グループウェアINSUITE®Enterprise:インスイート・エンタープライズ(以下 インスイート®)と、業務アプリケーションの開発プラットフォームであるエンタープライズWebデータベースひびき®Sm@rtDB(以下 ひびき®スマートDB)を活用して、企業内グループウェアにおける情報の分散化に課題がある大企業向けに、情報資産活用を可能とするサービスを提供していきます。

両社は既に、九州電力様をはじめとする企業に対して、ドリーム・アーツが製品を提供し、TISが提案から構築・運用サポートまで包括したサービスを行うという体制で、数多くの大規模システムの導入支援をしてきました。

今回の協業では、お客様からの要望に、より迅速に対応するため、両社の次世代情報共有基盤を取り扱う専門部隊の人員強化を行うなど、さらなる体制強化を図り、より綿密な情報連携を行っていきます。また、その連携を通して市場ニーズを的確に把握し、さらに導入実績を蓄積することで、企業のビジネスを支援する最適なソリューションなども検討していきます。 なお、本協業に先立ちTISは、自社の次世代情報共有基盤として、ドリーム・アーツのインスイート®およびひびき®スマートDBの採用を決定しました。

本協業によりドリーム・アーツは、TISのシステムインテグレーションやクラウド技術と連携することで、企業へより付加価値の高いサービスの提供が可能となります。一方TISは、ドリーム・アーツのインスイート®とひびき®スマートDBを軸とした、企業の情報資産活用のための新しいソリューションを創造し、お客様に提供できるようになります。

TISとドリーム・アーツは、今後も市場の変化や、企業のビジネス環境変化を迅速に捉え、企業の「現場力強化」や、「企業競争力向上」に役立つ製品をトータルソリューションとして提供してまいります。

TIS産業事業統括本部 西日本産業事業部副事業部長安達尊彦は、次のように述べています。

弊社は、お客様のビジネスに最適をご提供するという姿勢を大切にしています。お客様のビジネス拡大には、情報の共有と活用が、最重点施策の一つであることはいうまでもありません。ドリーム・アーツ社の製品は、情報基盤構築を実現する充実した機能や安定性という点で高い評価を得ておられます。弊社が、製品を導入させていただいたお客様からも評価いただいており、また弊社自身も社内利用のため導入が決定しています。今回の協業により、両社の技術・ノウハウをさらに蓄積することで、お客様により付加価値の高いサービスをより早く提供することが出来るものと確信しております。

ドリーム・アーツ代表取締役社長山本孝昭は、次のように述べています。

ITソリューションの提供においてすばらしい実績を持つTISとの協業が強化されることに、大いに期待しております。インスイート®を基盤とする情報共有分野に加え、ひびき®スマートDBを活用した文書管理や顧客情報管理といった業務アプリケーションなど、TIS社の持つノウハウを活かした高品質のサービスを期待しております。両社の持つ技術・実績・信頼を相互に活かし、お客様企業の発展に貢献できると確信しております。