2009年12月15日

スズケン、全国4,000人が活用する営業支援システムとしてドリーム・アーツのINSUITE®Enterprise、ひびき®SALESを導入-グループ全体200ヶ所の営業拠点で、組織的な情報活用を強化し営業改革を支援-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、本日、株式会社スズケン(本社:愛知県名古屋市東区、代表取締役社長:太田裕史、以下スズケン)が、グループ企業を含めた全営業スタッフ4,000名が活用する次世代の情報共有基盤として、ドリーム・アーツのINSUITE®Enterprise:インスイート・エンタープライズ(以下インスイート®)、および営業支援ツールひびき®SALES(以下 ひびき®セールス)を導入し、全面運用を開始したことを発表致します。

スズケンは、医薬品市場の大きな変動期をむかえ、旧来の個人の活動量に依存する営業スタイルから脱却し、組織的な営業力を強化し新たな収益モデルを確立すべく営業構造改革に取り組んでいます。ドリーム・アーツは、業態に即して最適にカスタマイズできる営業支援ツールと、流通業での豊富な実績・ノウハウをもとに、スズケンのソリューションパートナーとしてコンサルテーションから提案、構築、定着化にいたるまで、業界変革を勝ち抜くための営業構造改革を全面的にサポートしています。

組織的な営業力を活用した新たなビジネスモデル確立により、営業改革を徹底サポート

日本を代表する医薬品卸会社の一つであるスズケンは、医薬品卸業界に先駆けてトレーサビリティを有する独自の物流システムを導入し、安全・安心な医療流通体制を構築するなど、業界を牽引するリーディングカンパニーとして「健康創造企業」を掲げチャレンジを続けています。

医薬品卸業界は、薬事法の改正や医薬分業の浸透、企業統合・再編の進行などにより、大きな転換期を迎えています。スズケンは、この業界変革を勝ち抜くため、元来強みとしている営業力をさらに向上させることで競合との差別化をはかり、継続的な発展の基礎を固めるべく営業改革に取り組んでいます。この改革を支える情報共有・営業支援ツールとしてインスイート®、ひびき®セールスが採用され、スズケンの全国200ヶ所の営業拠点に、組織的な営業力の向上をもたらす新たなビジネスモデルの確立を支援しています。

日々変化する医療現場においては、医療・医薬品情報や医業経営に不可欠な情報をタイムリーに提供することが求められます。ひびき®セールスは、全国の営業ネットワークから集められる医療現場の情報を、リアルタイムで全スタッフに共有できるため、市場の変化に組織をあげて臨機応変に対応することができます。また、集約された情報を専門部署で分析して精度を高め、営業活動へ反映させることで、付加価値の高いソリューションを可能にし、問題解決型の組織営業を実現します。

スズケンの営業企画部部長 田中雅之氏は次のように述べています。

次世代営業支援システムは、スズケンがこれまで構築してきた医療関係者とのリレーションを更に強化し、ロイヤリティを高め、量と質を兼ね備えた収益モデルの確立に寄与するものと考えております。ひびき®セールスは、多様なお客様情報や営業プロセスの変化に柔軟に対応することができます。またこれまでの商品軸の営業から、情報、サービス、ツールを組み合わせたソリューション軸の組織型提案営業へ切り替えを図っていく上では、ひびき®セールスの各機能に加え、インスイート®をベースとした情報共有、高度なセキュリティ管理は大変重要です。インスイート®および ひびき®セールスの活用により、営業活動、マーケティング活動を大きく進化させることができると期待しています。

ドリーム・アーツは、今後もお客様のニーズを捉え、「現場力強化」、「企業競争力向上」に役立つ製品を開発し、トータルソリューションとして提供してまいります。

製品イメージ

INSUITE®Enterprise と ひびき®SALESの関係図