2007年8月21日

ドリーム・アーツ、中国大連に子会社を設立 -大連理工大学と協力、産学連携で品質管理に関する独自フレームワークを構築-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、本日、中国おけるソフトウェア開発・品質管理、および将来的な中国市場参入の拠点として、現地法人夢創信息(大連)有限公司(以下、DAチャイナ)を設立したことを発表いたします。

DAチャイナは、8月1日に設立の式典を終え、組織体制の整備、社員へのトレーニング実施をしています。本格的な業務開始を迎える9月以降は、ドリーム・アーツのソフトウェア製品開発の実装工程、評価(テスト)工程を中心とした業務を徐々に移管する予定です。日本国内の技術リソースは、製品の設計、新しい技術の研究・設計業務に集中させることで、より付加価値の高い製品の開発に注力していきます。

ソフトウェア製品の開発において、製品の評価(テスト)は、品質の維持・向上に不可欠です。その一方で、お客様のニーズを満たすために、製品をスピーディに市場に投入することが求められています。DAチャイナは、高品質なソフトウェアを、必要とされるお客様へタイムリーにご提供していくため、大連理工大学 ソフトウェア学院と協力し、産学連携で品質管理の方法論を研究していく方針です。DAチャイナに蓄積される知識とノウハウから、ソフトウェア品質管理に関する独自のフレームワークを開発することで、ドリーム・アーツのソフトウェア製品の品質をさらに高め、開発スピードの向上を図ります。また、中国内の優秀な人材を登用することで、中長期的な製品開発力、コスト競争力の維持向上に役立て、これまで以上に、お客様に満足いただける製品とサービスを提供していきます。

株式会社ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本孝昭は、次のように述べています。

DAチャイナを設立した大連は、中国では最初で唯一のソフトウェア産業国際化モデル都市に選出されるなど、ソフトウェア産業が非常に盛んで、優秀な人材を輩出する教育システムも整備されています。DAチャイナの設立に際して、大連理工大学元副学長ソフトウェア学院の院長であり、ソフトウェアの品質管理をご専門とされている瀋宏書氏を顧問に向かえることができ、大変嬉しく思います。日中間における産学連携によって、ソフトウェアの品質管理に関する新たなフレームワークを構築し、近い将来、私たちの製品開発力強化、品質の向上に大きな価値を生み出すと期待しています。

DAチャイナについて

正式社名 夢創信息(大連)有限公司
資本金 50,000,000円
所在地 株式会社ドリーム・アーツ 100%出資
主要株主 株式会社ドリーム・アーツ 100%出資
設立年月日 2007年8月1日
代表者 山本孝昭
従業員数 約20名
事業内容 ソフトウェア開発および品質管理業務

大連市ソフトウェアパークについて

大連市ソフトウェアパークは、大連市西南端の星海海岸にある高等研究文化区と高新技術産業区に建設されています。大連ソフトウェア産業の中心として、数多くの「グローバルトップ500」企業が進出し、日本、欧米の大規模なオフショア開発と情報サービス能力を備えています。中国に11か所ある「国家ソフトウェア産業基地」の1つであり、中国に5か所ある「国家ソフトウェア輸出基地」の1つでもあります。1998年に起工して以来、中国で発展スピードが1番速く、もっとも国際化されているソフトウェアパークといわれ、中国では最初で唯一の「ソフトウェア産業国際化モデル都市」に認定されています。