2018年5月31日

次世代型インテリジェントクラウドDB「hibiki」を発表最新テクノロジーを用いたピュアクラウドサービスで、大組織のビッグデータ活用を強力に支援

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、大組織が持つビッグデータを圧倒的なスピードで活用し、世界中のクラウドサービスとの素早い連携から、圧倒的な量の価値を生む新サービス「hibiki(ひびき、以下 hibiki)」を発表いたします。
なお、2018年5月31日より本サービスのクローズドβ版の受け付けを開始します。

新サービス「hibiki」のロゴ 新サービス「hibiki」のロゴ

大組織向けシステムと課題解決の実績が可能にした、“脱・自前主義”を実現するクラウドサービス

今回発表する「hibiki」は、クラウド・ビッグデータ・AIなどの重要ファクターを採用した、ドリーム・アーツ製品群の先駆けとなるサービスです。「hibiki」によって、企業は自社の資産であるビッグデータと外部のサービスを連携させ、最速かつ最大量の価値を簡単に生みだすことができるようになります。

近年、テクノロジーの進化によりビジネス環境は大きく変化しています。世の中は、自社でシステム構築のすべてをまかなう自前主義から、他社が持つさまざまな「ITリソース」を有効活用して新たな価値を創造する「脱・自前主義」の時代へと突入しています。
ドリーム・アーツはこれまで、ITソリューションの提供を通して大組織の現場における本質的な課題解決を支援してきましたが、今後さらに加速するビジネス環境の変化を見据え、ビッグデータやAIなど、新たな重要ファクターに柔軟に対応できるクラウドサービス(※1)「hibiki」のクローズドβ版の受け付けを開始します。
現在、ドリーム・アーツが提供するWebデータベース「ひびき®Sm@rtDB」は、ビジネスの現場における業務システム化のニーズに、柔軟かつきめ細かく対応する高機能アプリケーションです。対して、今回発表する「hibiki」は、企業が持つビッグデータをAPI経由でさまざまな外部のサービスとつなぎ、圧倒的なスピードとボリュームで新たな価値を創造する、オープンイノベーションを加速させるサービスです。既存のドリーム・アーツプロダクトやサービスと連携し、特に「hibiki」と同様に最新のクラウドアーキテクチャをもつ「知話輪®」(※2)とは、高い親和性と発展性を有しています。また、第4次産業革命とされる“AIテクノロジー”の急速な進化にも適応しつづけることで、ユーザーは継続的に提供されるバージョンアップを通して、永続的に最新テクノロジーの恩恵を享受できます。

※1「hibiki」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※2「知話輪」は、エンタープライズに特化したコミュニケーションを支援する、国産のモバイルアプリケーション基盤です。タイムラインをベースとしたチャット・SNSサービスで、外部システムとも連携可能な「API」を備えています。
詳細は、プロダクトサイト「知話輪」をご覧ください。

クラウドサービス「hibiki」を中心としたサービス連携イメージ クラウドサービス「hibiki」を中心としたサービス連携イメージ

「hibiki」の利用シーン例

例えば「hibiki」で顧客訪問レポートを作成し、日々蓄積される膨大なレポート(ビッグデータ)と、外部のさまざまなサービスとのAPI連携を実現すると、以下のような利用が可能になります。

AI技術(アノマリ検知技術)の活用

ベテラン営業マンの勘や、独自のルール設定によって検知されてきた「クレームにつながりそうな案件」を、近年、著しい進化で注目されている(AI技術である)アノマリ検知技術を活用し、ビッグデータからクレームにつながる案件を予測できるようになります。

分析技術の活用

Power BIをはじめとした分析ツールとビッグデータを連携することで、日々の分析結果を自動的にレポートとして可視化できるようになります。ビッグデータに裏打ちされたレポートからヒントを得ることで、日々の営業アクションを高速かつ的確に進められるようになります。

多様な外部サービスとの連携

すでに企業内に存在する基幹システムをはじめ、請求書作成やスケジュール・タスク管理、名刺管理など、ERPパッケージを代替するであろう外部サービスとAPI経由で連携することで、脱・自前主義を実現するAPIエコシステムがつくれます。

「hibiki」利用シーンイメージ 「hibiki」利用シーンイメージ

「hibiki」の主な提供機能

データベース機能、データ解析機能、データ管理機能、API連携機能、ドラッグ・アンド・ドロップ設計機能、カレンダー機能、ボード機能、ワークフロー設計機能、ロール設計機能、コメント機能、権限設定機能、ユーザー管理機能、ログ機能、「知話輪」連携機能、など。

5月31日(木)よりクローズドβ版を受け付け開始

「hibiki」は、5月31日(木)よりクローズドβ版の受け付けを開始します。お申し込みいただいた企業には、ベーシックプラン(月額780円/ユーザー)を1ヵ月間無償で提供(※3)いたします。クローズドβ版は、「hibiki」プロダクトサイトにて申し込みを受け付けています。下記バナーから「hibiki」プロダクトサイトをご確認ください。
今後のリリースおよびその他の料金プランなどサービスに関する情報は、「hibiki」プロダクトサイト(https://hibiki-online.com)にて提供します。

※3 お申し込みいただいたすべての企業への提供をお約束するものではございません。あらかじめご了承ください。