2017年6月7日

チェーンストアの働き方改革を後押し!「メッセンジャーの管理機能」を強化した 「Shopらん」の最新バージョンを発表 それぞれの役割に合った使い方で、よりスマートな店舗運営を実現

株式会社ドリーム・アーツ(東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、流通・小売業の多店舗運営を支援するクラウドサービス「Shopらん® (ショップラン)」の最新バージョンを発表いたします。今回のバージョンでは、「メッセンジャーの管理機能」などを強化しました。なお、最新バージョンは本日2017年6月7日より提供を開始します。

「メッセンジャーの管理機能」強化により、スタッフ同士の利用状況を把握

「Shopらん」は、多店舗運営のベストプラクティスを、最新のクラウド基盤上に凝縮したサービスです。
多店舗運営では、本部で店舗に指示を出す人や店舗で接客をしているスタッフ、店舗を臨店するエリアマネージャーなど様々な役割の方が店舗運営に携わっていますが、「Shopらん」では、それぞれのスタッフの働き方に合ったコミュニケーション方法をご提案します。今回の最新バージョンでは、実際にご利用いただいている25,000店舗以上のお客さまからのご要望を反映し、「メッセンジャーの管理機能」を中心に強化しています。

メッセンジャー機能は、本部内の情報共有や店舗から本部担当者への「個別の業務連絡」や「相談」ができる機能として2016年8月にリリースされました。今回「メッセンジャーの管理機能」を強化したことで、管理者側で使い方をデザインできるようになります。必要に応じて人や部署、エリア毎で利用範囲の設定が可能になり、例えば、アルバイトのみメッセンジャー機能の利用を制限するといった設定が出来るようになりました。
また、部署やユーザー毎にメッセージの送受信数や時間帯を把握することができます。これにより、本部と店舗のやり取りが見える化され、マネジメントがしやすくなり働き方の改善につながります。


【メッセンジャーの管理機能イメージ画面】


送信メッセージの増減や、どの時間帯にメッセージが集中しているかがわかります。
メッセージの送受信数がグラフで表示されます。

その他、主な新機能

その他、主に新しく追加された機能は以下の通りです。

定期報告の確認を任意の期間で設定可能に

定期報告の確認で表示できる期間は1週間単位でしたが任意の期間を指定できるようになりました。
例えば、過去のキャンペーン期間を指定して、報告内容の確認やデータのダウンロードが可能になります。

区分プルダウン表示オプション

店舗トップページで、特定ブランドやエリアなどの区分を切り替え、情報を絞り込んで見ることができます。

「売場ノート」PC版でのいいね・コメント追加が可能

ブラウザ上から投稿に対して「いいね」のリアクションやコメントができるようになりました。

「売場ノート」の管理者によるタグ付け編集機能の追加

店舗が投稿した際につけたタグを管理者側で追加・修正などの編集ができるようになりました。
また、不適切な投稿の削除も可能です。
        
売場ノートは「Shopらん」のオプション機能です     

サービスの提供時期と価格について

「Shopらん」の最新バージョンは、本日6月7日より提供を開始します。
月額サービス利用料はオープン価格で、店舗数(フランチャイズ法人含む)によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。