2016年5月25日

ドリーム・アーツ、20,000店舗を支えるクラウドサービス「Shopらん」の最新バージョンを発表 「店長の承認機能」によりワークフローを強化、店舗の業務効率化を実現

株式会社ドリーム・アーツ(東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、流通・小売業における多店舗の運営ノウハウを凝縮したクラウドサービス「Shopらん®(ショップラン)」の最新バージョンを発表いたします。今回のバージョンでは、新しく「店長の承認機能」等の機能を追加し、本日2016年5月25日から提供を開始します。

申請の確認漏れ・ミスを防ぎ、業務を効率化

店舗での備品購入や商品発注等の様々な申請業務を行う際、店舗スタッフが申請書を提出した後に、店長もしくは他の権限者の承認を経て本部への決裁処理を進めることができる「店長の承認機能」を追加しました。本機能を活用することで、店長が本部への申請を確認できるので申請の抜け漏れやミス、誤字脱字等による店舗・本部間での差し戻しを防ぐことが可能になり、業務の効率化が図れます。

スタッフが申請し、店長が承認するとスタッフの画面では上記のように表示されます。
店長の画面にて承認すると、本部へ申請が送信されます。

その他、主な新機能

店内コミュニケーション強化を支援する「リアクション機能」

店舗スタッフ同士の事例共有やFAQ等の投稿に、ボタンを押して「リアクション」することが可能になります。リアクションには、「いいね!」「確認しました」「参考になった」等の任意のワードを設定できます。投稿に対して気軽にリアクションすることができ、コミュニケーションがより活発になります。

店舗ごとの情報整理に有効な「お知らせピックアップ機能」

店舗ごとに、その日に表示したいお知らせをピックアップ、店舗トップページにピックアップマーク付きで表示することができます。店長が「過去に公開されたお知らせを再度スタッフへ伝えたい」場合や、その日に公開されるお知らせが多いとき「スタッフに優先的に確認してほしいお知らせがある」場合等の情報整理に有効です。

メールで任意のカテゴリを指定してお知らせを登録できるよう対応

外出の多いSVやバイヤーがスマートフォンやタブレット端末等から電子メールでお知らせを発信する際、任意のカテゴリを宛先のメールアドレスに付加してお知らせを登録できるようになりました。店舗がお知らせの内容に応じて一目でカテゴリがわかるようになり、さらなる情報整理の負荷軽減が期待できます。

サービスの提供時期と価格について

「Shopらん」の最新バージョンは、本日5月25日より提供を開始します。月額サービス利用料はオープン価格で、店舗数(フランチャイズ法人含む)によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。