2013年7月17日

ドリーム・アーツ、多店舗運営を支援する「Shopらん®」の最新バージョンを発表本部と店舗の情報共有をより便利により速くする、18の新機能を追加

株式会社ドリーム・アーツ(東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、流通・小売業の多店舗ビジネスを支援するベストプラクティス型クラウドサービス「Shopらん®」の最新バージョンを発表いたします。今回の最新バージョンでは、「お知らせの公開時間の設定機能」など、18の新機能を追加しました。最新バージョンは本日7月17日から提供を開始いたします。

お知らせ機能をさらに拡充多店舗運営の組織構造に合わせた機能追加で利便性を強化

「Shopらん®」は、多店舗事業における本部・店舗間の情報共有と対話のベストプラクティス(最良の手本)を凝縮したクラウドサービスです。「魅力・競争力・販売力のある店舗網づくり」を実現するために、本部・店舗間で日々発生している情報と対話の洪水を整流化し、オペレーションの質とスピードの向上を強力に支援します。

今回の最新バージョンでは、主にお知らせ機能や回答機能を拡充しました。お知らせの文章をリッチテキスト対応にしたり、カレンダーに表示されるお知らせバーを色分け表示できるようにしたことで、繁忙な店舗スタッフに対して視覚的に伝えることができるようになりました。また、お知らせの公開時間設定や回答データの公開範囲制御など、複雑な組織体系や特殊な店舗オペレーションにも対応できるよう、様々な機能を追加しました。

18の新機能追加で多店舗ビジネスをより強力に支援

「Shopらん®」は、実際にご利用いただいているお客さまからの要望を、クラウドサービスならではの頻繁なバージョンアップに反映させることで、さらに使いやすくなるよう日々進化を続けています。今回のバージョンアップでは、「お知らせの公開時間の設定機能」や「入力フォームのリッチテキスト対応」の他にも、添付画像を受け取る側の負荷を軽減する「画像の自動リサイズ機能」や、公開後にお知らせの内容を変更したり、変更後に既読になっている店舗に再度確認を促すことができるよう閲覧履歴をリセットする機能など、あわせて18の新機能追加により、お客様の多店舗ビジネスをより強力に支援します。

サービスの提供時期と価格について

「Shopらん®」の最新バージョンは、本日より提供を開始いたします。月額サービス利用料はオープン価格で、店舗数(フランチャイズ法人含む)によって異なります。

お知らせ文章エリアのリッチテキスト対応機能イメージ