2012年3月26日

ドリーム・アーツ、メールによる報告機能を追加した「Shopらん®」の最新バージョンを発表モバイル端末からもお知らせへの回答や文書登録を実現

株式会社ドリーム・アーツ(東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、流通・小売業の多拠点マネジメントを支援するベストプラクティス型クラウドサービス「Shopらん®」の最新バージョンを発表いたします。


今回の新バージョンでは、お知らせへの回答や業務アプリへの文書登録を電子メールから行う機能をはじめとして、22の新機能を追加しました。新バージョンは、4月4日から提供を開始します。

店舗からの報告を電子メールからも可能に。お知らせに対する回答や文書のメール登録を実現

「Shopらん®」は、多店舗事業における本部・店舗間の情報共有と対話のベストプラクティス(最良の手本)を凝縮したクラウドサービス:BaaS(Best practice as a Service)です。「魅力・収益力・競争力のある店舗網づくり」を実現するために、本部・店舗間で発生している情報と対話の洪水を治水し、オペレーションの質とスピードの向上を強力に支援します。

BaaSとは…「多店舗運営における問題解決」の中で獲得したノウハウを、最新のクラウド基盤上に「最良の手本」として凝縮し、進化を続けるクラウドサービスです。

今回の新バージョンでは、電子メールを活用することで、店舗から本部へ通達されるお知らせ事項への回答と、店舗の状況やお客さまの声など現場で獲得した生の声を本部へと伝える業務アプリへの登録を実現しました。購買促進とそのクオリティを競う“ディスプレイコンクール”やご来店いただいたお客さまを撮影する“モデルコンテスト”への応募時など、本機能を活用することでメールに写真添付してすぐに報告することができます。また、“陳列状況”の進捗など急を要する報告事項の際にも、携帯電話やタブレットだけで撮影からメール報告までが可能ですので、パソコンの利用時間が限られている店舗スタッフの皆様に幅広い用途でお使いいただくことができます。

お知らせ別、業務アプリ別に送信先のメールアドレスが動的に変わるため、パソコン操作に不慣れなスタッフの送信エラーなど人的なミスも未然に防止することができます。

22の新機能により、本部・店舗間コミュニケーションをさらに促進

「Shopらん®」は、実際にご利用いただいているお客様からの要望を、クラウドサービスならではの頻繁なバージョンアップに反映させることで、さらに使いやすくなるよう日々進化を続けています。今回のバージョンアップでは、「電子メールによる機能」の他にも、「(店舗からの)日報の報告機能」や「お知らせ本文への(URL等)リンク機能」など、全部で22の新機能を追加によって、お客様の多店舗マネジメントをより強力に支援します。

サービスの提供時期と価格について

「Shopらん®」の新バージョンは、本日より提供を開始いたします。月額サービス利用料はオープン価格で、店舗数(フランチャイズ法人含む)によって異なります。

Shop®らん電子メール報告イメージ

本部からのお知らせに回答する際は、登録先アドレスにメール送信で完了。

Shop®らん画面イメージ