1998年3月6日

インターネット・サービス事業の拡大を目指し、大手ベンチャーキャピタル3社からの出資を受け入れ増資

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都港区南青山4-12-1、代表取締役社長:山本孝昭)は本日、同社のPDC事業(PDC:Personal Digital Contents、個人のデジタル化されたコンテンツに対する付加価値サービスビジネス)及びインターネットを活用したビジネスシステム提供事業の拡大を目指し、日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林弘道)、明治生命キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松永昇三)、住銀インベストメント株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:弦間恒治)、及び個人投資家3名から、1株あたり5万円の株式額面に対し2倍の1株10万円の株価での出資(6,100万円)を受け入れ、増資したと発表しました。これにより同社の資本金は1億1,650万円となりました。

今回の増資による資金は主に、ドリーム・アーツの新規事業であるビジネスシステム提供事業に投入されます。この新事業は、これまでドリーム・アーツが展開していたインターネット上のデジタル画像加工サービス事業(PDC事業)により培われた、インターネット及びデータベースシステムの関連技術を活用したもので、本年5月よりサービスの提供が開始される予定です。

DreamArtsは、株式会社ドリーム・アーツの商標です。
その他すべての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。