2019年10月1日

ドリーム・アーツ、サービスのブランドロゴを刷新

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、現在展開している主力クラウドサービス「INSUITE(インスイート)」、「SmartDB(スマートDB)」、「Shopらん(ショップラン)」のブランドロゴのデザインを一新し、本日2019年10月1日より順次使用を開始してまいります。

ドリーム・アーツはブランドロゴの刷新を機に、スピードが求められる新たな時代に即したサービスで大企業のクイックサクセスをさらに推進してまいります。

サービスのブランドロゴ

サービスロゴ刷新の背景について

現在ドリーム・アーツでは主に、大企業・大規模組織の意識改革・業務改革を支援する「INSUITE」と「SmartDB」、流通・小売業の多店舗ビジネスを支援する「Shopらん」を提供しており、これまでは、各サービスが生まれるたびに、その世界観を元にした独自のロゴデザインを使用していました。
しかし、多くの企業に各サービスを併用してご利用いただく機会が多いことや、組織に“協創”を生み出すという共通理念を全サービスが持っていることから、このたび統一性のあるロゴデザインを採用する運びとなりました。
また、ドリーム・アーツはサービスを通してお客さまに素早い成功をお届けするため、「デジタルの民主化」を推奨しています。特に近年、IT人材の不足により、エンジニアでは無い“現場”のお客さまが自律的にITの力で業務改革を推進することが求められています。ドリーム・アーツはそれを実現できるようなプラットフォームを提供していることから、今までよりさらに現場の皆さまに親しみを感じていただけるよう、ロゴデザインの刷新に至りました。
今回のロゴ刷新により、各サービスの相乗効果を最大化しブランド力を高めていくとともに、今後もお客さまの組織内で協創が育まれる質の高いサービスを提供してまいります。

新ロゴのデザインに込めた想い

全ロゴ共通:ハニカム構造をモチーフにしなやかで強固なサービスを提供する想いを表現

まず、ロゴの六角形は“ハニカム構造”をモチーフにしています。ハニカム構造とは、蜂の巣のように正六角形が隙間なく並んでいる構造のことで、自然界で最も安定した空間構造であり、軽くて耐久性が高いという特徴を持っています。ドリーム・アーツは、お客さまに寄り添い、協創を通じて安定した組織の基盤づくりをスムーズに提供する存在でありたいという想いから、このハニカム構造のデザインを取り入れています。

「INSUITE」および「SmartDB」:人間の相棒として親しまれている犬のキャラクターを採用

ドリーム・アーツでは、創業当初より20年以上にわたって盲導犬の育成を支援するなど、犬との関わりが非常に深い企業文化を持っています。さらに各サービスが、誠実かつフレンドリーで古くから時代を超えて人間の相棒として親しまれている犬のような存在になってほしいという想いから、「INSUITE」と「SmartDB」の六角形の中には、犬をモチーフにしたドリーム・アーツのマスコットキャラクター「POPY(ポピー)」と「Cello(チェロ)」が描かれています。
「INSUITE」に描かれている「POPY」は、サービスが大企業向けの高度なクラウドサービスでありながらも、実際に使用する現場の方々に、より身近で親しみを感じていただきたいという想いから誕生したキャラクターです。
「SmartDB」に描かれている「Cello」は、楽器のチェロが持つ特徴のように、多様な場面や役割で貢献し、多くの人を魅了するサービスになることを願って生まれました。

「Shopらん」:蘭の花のモチーフはそのままに、より洗練されたデザインに刷新

「Shopらん」のロゴには蘭の花が鈴生るようなイメージを描いています。チェーンストアが抱える店舗と本部のコミュニケーション課題を走る(RUN)ようにすばやく解決し、蘭の花のようにチェーンストアのお店が連なって店舗の価値が広がっていくことを願い、今回のロゴ刷新でもイメージを継続しています。

ドリーム・アーツは、今回のロゴ刷新後もさらにお客さまの「現場力強化」、「協創力向上」の実現に役立つサービスを提供してまいります。

サービスサイトのご案内