2013年10月16日

銀座コージーコーナー、Shopらん®で本部と店舗間の連携を強化全国にある店舗の実行状況を見える化し、店舗間格差を解消

株式会社ドリーム・アーツ(東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、株式会社銀座コージーコーナー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中島英樹、以下 銀座コージーコーナー)に多店舗マネジメントを支援するベストプラクティス型クラウドサービス「Shopらん®」を提供したことを発表します。本部・店舗間の連携体制を強化するため、2013年10月に、全国に約200ある直営店舗が利用を開始し、2014年春以降には、全国の約400店舗に展開予定です。

重要度の高い連絡・指示を優先的に表示し、見落としリスクを回避

銀座コージーコーナーは、首都圏を中心に全国に約400店舗を展開する、今年で創業65周年を迎えるスイーツショップです。定番のフレッシュケーキや焼菓子、季節の果物を使った期間限定商品など、常時200種類以上のスイーツが店頭に並んでいます。

同社では、新規やリピーター客の取り込みのため、定期的にイベントを開催するなど、本部・店舗間で頻繁にやり取りが発生しています。従来は、グループウェアやメールで連絡・指示が行われていましたが、情報の優先順位が把握しづらく、重要度が高い情報が埋もれてしまうという課題を抱えていました。また、緊急レベルの通知を出す場合もあるので、店舗側での確認や対応状況を本部側で迅速に把握することも必要です。

今回、同社が導入した「Shopらん®」は、多店舗事業における運営ノウハウが凝縮したBaas型クラウドサービスで、本部と店舗間のスムーズな連携を支援します。本サービスを導入することで、連絡・指示の重要度によって、ポップアップなどの表示に変更でき、緊急度や重要度が高い作業や、期限が迫った内容を優先的に実施することが可能になります。また、店舗の実行状況が見える化されるため、本部側がリアルタイムで各店の状況を把握することができるようになります。さらに、「Shopらん®」では、本部各部門が発信した情報が一覧で確認できるため、連絡の重複を防いだり、一定期間に作業が集中しないよう指示のタイミングをずらすなど、店舗が、本来の業務である「接客」に集中できる体制づくりにも役立ちます。

“いちばん身近なスイーツショップ”を目指して

銀座コージーコーナー 営業本部 営業サポート部 店舗担当マネージャー 松井昌次氏は次のように述べています。

「弊社は、お客様に“安心で、おいしいスイーツを提供し続け”、“いちばん身近なスイーツショップであり続けること”を目指しています。そのためには、お客様との接点である店舗で、魅力的な商品を品揃えし、気持ちのこもったサービスをご提供することが一番重要だと考えています。Shopらん®で、本部⇔店舗間の連携をさらに強化し、コージーコーナーの由来ともなっている“憩いの場所”として、たくさんのお客様に愛され、気軽にご利用頂ける店づくりを進めていきたいと考えており、今後もドリーム・アーツ社には、お客様目線・現場目線に立ったサービスや提案を頂くことを期待しています。」

Shopらん®は、今後もお客様のご要望や活用ノウハウ、成功事例を、クラウドならではの頻繁なバージョンアップでサービスに反映することで、店舗オペレーションを革新するベストプラクティスを提供してまいります。

Shopらん®トップ画面イメージ

Baas:Best practice as a serviceの略 多店舗運営における問題解決の中で獲得したノウハウを「最良の手本」として凝縮し、お客様からの声を頻繁なバージョンアップに反映することで進化を続けるクラウドサービスのことを指します。