2001年9月10日

双方向ワン・ツー・ワン・コミュニケーションを実現する「Mobile121」機能強化版の提供開始について -全ての携帯電話プラットフォームからのアンケート集計が可能に-

NRIデータサービス株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:太田清史、以下NRIデータサービス)は、本年5月下旬より提供を開始している、双方向のワン・ツー・ワン・コミュニケーションを実現する「Mobile121(モバイル・ワン・ツー・ワン)」サービスにおいて、より大規模なアンケートの実施等に対応するため、株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)及び株式会社ニュークリアス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:鈴木祐二、以下ニュークリアス)と共同で機能追加を実施し、本日より同サービスを提供いたします。

「Mobile121」は、インターネット携帯電話に対し、ワン・ツー・ワン・メール配信の「アウトバウンド」とアンケート等の「インバウンド」、さらに収集されたデータを集計する事により精度の高いワン・ツー・ワン・マーケティングを可能にする機能をASP方式で提供するサービスです。5月下旬のサービス開始以来、様々な業種の多くの企業様にご利用いただき、インターネットに接続するだけで利用出来る簡単さと、高い利便性を評価していただいております。

ドリーム・アーツは、これまでNTTドコモが提供するiモードにのみ対応していた、アンケートによる趣味・趣向情報の集計等の「インバウンド」部分において、各携帯電話事業者が提供するインターネットサービス(iモード/EZweb/Jスカイ)にも対応する機能を開発し、これを同サービスに追加しました。今般の機能追加では、あわせてPC対応も実現しており、同サービスを利用するお客様は、対象者が加入している携帯電話事業者や、携帯電話/PCの区別を意識する必要が無くなり、幅広く多様なデータを収集する事が出来ます。また、SSL対応の追加で、より高いセキュリティの確保が可能になります。

また、ニュークリアスは、メール配信部分である「アウトバウンド」のエンジンとして、「e-time」を提供しております。「e-time」は、受信サーバーの負荷を監視しながら高速に配信するシステムで、相手先サーバーがダウン等で再送シーケンスになった場合のリトライコントロール機能やキャリア側サーバーに対しても大量のメール送信によるシステムダウンを引き起こさないような機能をもっています。今回の機能追加にあたり、顧客データベースをはじめとするシステムを最適化する事で、システム全体のパフォーマンス向上を実現し、従来以上の大規模なアンケート等の実施を可能としました。

「Mobile121」は、企業と顧客の間のダイレクトラインを構築し、きめの細かいマーケティングを実現する有力なツールとして、多様なニーズに応えていきます。

会社紹介

NRIデータサービス株式会社は、NRI(野村総合研究所)グループにおけるサービスソリューション部門として、長年蓄積してきた金融・流通分野などでのシステム設計、構築、運用ノウハウをベースに、最新のITを駆使し、情報世紀のインフラを支え、社会に貢献することをその使命とする会社です。

株式会社ドリーム・アーツは、eビジネスを支える多様な最先端システムソリューションを企画、開発、提供する独立系ITベンチャー企業です。KM支援型の新世代EIPプラットフォーム「INSUITE:インスイート」、次世代eビジネス統合プラットフォーム「InterBrain®:インターブレイン」等の最先端インターネット・システム製品の企画、開発、販売を通してエンタープライズITの発展に貢献します。

株式会社ニュークリアスは、「Mobile121」システム内の配信エンジンである「e-time」を初めとして、エアーインタフェースを有する各種コンピュータシステム、ネットワークシステムの研究開発、更にはインターネット環境の構築からWebビジネスのコンサルティングまでを得意分野とする研究開発会社です。