2000年7月6日

コンパック、ドリーム・アーツ、NTTドコモを中心にしたコンソーシアム「ビジネス・モバイル・イニシアチブ」を発足。iDC/ASP向けの最先端ビジネス・モバイル・ソリューションをパッケージ化。地域密着型のSDC(スモール・データ・センター)向けソリューションも提供

コンパックコンピュータ株式会社(本社:東京都品川区、社長:高柳肇)と株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本孝昭)は、モバイルマルチメディアに関するSIビジネスパートナーを支援している株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:立川敬二)の協力のもとに「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(以下BMI)」を発足させることを発表します。

BMIは急速にニーズが拡大しているビジネス・モバイル市場で本格的なITソリューションの実現に必要であるノウハウやソリューションを共有、蓄積、発展させるためのコンソーシアムです。BMIは「コア・コミッティー」「コア・パートナー」「プライマリー・パートナー」「フロントエンド・パートナー」からなります。「コア・コミッティー」は上記3社で、事務局および運営方針、戦略の立案・実施と具体的なソリューションのパッケージ化を行います。「コア・パートナー」はターンキーソリューション構築に必要なDB、ソフトウェアなどの技術を提供するパートナー、「プライマリー・パートナー」大手のSI/iDC/ASP事業者、「フロントエンド・パートナー」地域密着型の中小SI/iDC/ASP事業者です。またコア・コミッティーはパートナー啓蒙のためセミナーの実施や技術支援、成功事例の提供などを行いパートナーの支援活動を行っていきます。

BMIの特長

(1)最先端ビジネス・モバイル・ソリューションをパッケージ化しターンキーソリューションとして提供

BMIはコア・コミッティーの3社がそれぞれの分野で得意とする技術を提供し最先端のビジネス・モバイル・ソリューションをパッケージ化することで、導入しやすく使いやすいターンキーソリューションを提供していきます。この技術協力はNTTドコモのSIパートナー制度によるもので、3社が提供する技術はそれぞれ以下のようになります。

NTTドコモ:
最先端の通信インフラ/モバイル・デバイスの提供 主にiモード、スナップメール、IMT-2000など
コンパック:
最先端のプラットフォームとサービスの提供 ASP/iDC支援プログラム、高性能サーバ製品/1Uサーバ、高性能端末、販売パートナー網など
ドリーム・アーツ:
最先端のWebベース・モバイルアプリケーションツールの提供 ナレッジマネジメント支援型・新発想グループウェアINSUITEなど

BMIでは「店舗販売支援システム」「iモード利用リアルタイム型データ収集システム」「iモード/PDA利用営業支援システム」「モバイル対応ナレッジマネジメントシステム」「スケジュール管理、勤怠管理システム」「不動産業、人材派遣業対応システム」「C to B・住民アンケートシステム」などのターンキーソリューションを提供する計画です。

(2)ナレッジマネジメント機能を充実させたWebベース・モバイルアプリケーションツール

iモードに代表されるモバイル端末をビジネスで利用できるよう、市場では電子メール、スケジューラ、施設管理等のオフィス機能をもったグループウェアが登場しています。今回BMIがソフトウエア-プラットフォームとして提供していくドリーム・アーツのINSUITEは、これらのグループウェア機能に加え、Webデータベース、Webページジェネレータ、文書ライブラリ等といったナレッジマネジメント機能を完全統合しています。これにより、単なるオフィス機能を越えてより本格的なビジネスアプリケーションのニースに容易に対応できます。これらはすべてWebベースで携帯端末での利用が可能な為、導入したその日から簡単かつスムーズに携帯端末の機動性を活かしたより新しいビジネスモバイルソリューションを実現することができます。

(3)地域密着型のSDC向けソリューション

BMIはドリーム・アーツが提唱するSmall Data Center(SDC)構想に基づくソリューション・パッケージ「SDCソリューション・パック」を提供します。これによりフロントエンド・パートナーはiDC、ASP事業を迅速に立ち上げることが可能になるとともに、地域に密着した中小企業のビジネス・モバイル需要に対応することができます。さらに地方自治体、公共団体、NPOなど全国レベルに波及する組織に対してもビジネス・モバイル・ソリューションを普及していきます。

BMI賛同表明企業・団体(50音順)

各社からのエンドースメント文

株式会社アルゴテクノス21は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの3社による ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)の発足の発表を歓迎し、賛同いたします。iモードをはじめとしたビジネス・モバイル市場が急速に進展している中、我々ITサービスプロバイダーにはコンピューティング&コミュニケーションニーズに的確に応える事が出来る提案力、技術力そして体制が強く求められています。今回のBMIは、我々が今後、種々多様なモバイル・ソリューションをいち早く市場に投入していくためのインフラ部分の提供と言う意味で多いに貢献するものと期待をしております。株式会社アルゴテクノス21はBMIのコア・パートナーとして今後とも、ビジネス・モバイル・ソリューションの提供を推進して参ります。
特定非営利活動法人NPO・フュージョン長池は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。ビジネス・モバイル市場が急拡大している中、ITサービスプロバイダは増大するコンピューティング&コミュニケーションニーズに即応していく必要があります。このような環境の中、この度発表されましたBMIは、企業向けのみならずコミュニティの活性化にも、高付加価値アプリケーションをスピーディに市場に提供していく組織として貢献していくものと考えます。今後も特定非営利活動法人NPO・フュージョン長池は、BMIとのパートナーシップをさらに強化し、ビジネス(コミュニティ)・モバイル・ソリューションの提供に協力して参ります。
株式会社大塚商会は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。急速に変化しながら拡大を続けるITビジネスの中で、特に多様化するユーザニーズに柔軟に対応するiDC/ASPを活用したWebソリューションは非常に大きな可能性を秘めています。大塚商会が力を入れるWeb事業のこれからの核として、iDC/ASPをベースにした高品質なビジネス・モバイル・ソリューションを、BMIと連携することで市場に提供していきたいと考えております。
カテナ株式会社は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。インターネットとモバイル環境を活用したデジタルネットワークが急速に拡大するなか、その用途も加速的に広がり、ビジネス利用への期待が高まっています。当社におきましてもモバイルインフラを積極的に整備し、顧客満足度の向上と経営のスピード化を推進しております。ビジネス・モバイル市場は確実に成長し、需要も一段と加速することでしょう。「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の設立によって提供されるターンキー・ソリューションを中心としたさまざまなビジネス・モバイル・ソリューションは、ビジネス・モバイル市場を確立、拡大させるうえで必要な課題や問題点の解決に、いち早く、ひとつの答えと方向性を示すものです。3社が有するそれぞれの最先端技術と、3社によるフォーメーションの確立によって、ビジネス・モバイル市場に大きな改革・貢献をもたらすことを期待しております。カテナ株式会社は、「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」とのパートナーシップを図り、ビジネス・モバイル・ソリューションの提供を推進してまいります。
キヤノン販売株式会社は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。iモードの普及等でビジネス・モバイル市場が急拡大している現在、我々ITソリューションプロバイダはタイムリーにビジネス・モバイル・ソリューションを提供することが求められています。このような環境の中、この度発表されましたBMIは、企業向けの新たなビジネス・モバイル・ソリューションの開発を推進し、高付加価値アプリケーションをスピーディに市場に提供していく組織として貢献していくものと考えます。今後もキヤノン販売株式会社は、BMIとのパートナーシップをさらに強化し、企業向けのビジネス・モバイル・ソリューションの提供を推進して参ります。
携帯端末の活用は、マーケティング・営業支援などの情報系システムから、受発注処理・在庫照会などの業務システム分野まで、その応用範囲を広げていますが、BMIの活躍により、その普及が一層加速され、ユニークなソリューションが展開されることでしょう。これまで、ターボリナックスでは、BMIメンバー各社との緊密なリレーションにより、ビジネス市場へのTurboLinuxソリューションを積極的に展開してきました。今後も、更にパートナーシップを強化し、信頼性、安定性、処理性能、セキュリティの高いOSプラットフォームをご提供することにより、BMIが展開される新しいソリューションビジネスを支えていきたいと考えております。
日本オラクル株式会社は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。モバイルを活用した企業におけるインターネット・コンピューティング環境においては、中小規模から大規模までをスケーラブルに対応でき、Linux上でも稼動する RDBMSが求められています。日本オラクル社はこの環境における最適なRDBMS「Oracle8i」を戦略子会社「ミラクル・リナックス社」の提供する「Miracle Linux」とともに、市場に提供して参ります。今後はBMIとパートナーシップをより一層高め市場展開を推進して参ります。
ミラクル・リナックス社は、コンパックコンピュータ株式会社、株式会社ドリーム・アーツ、株式会社NTTドコモの「ビジネス・モバイル・イニシアチブ(BMI)」の発表を歓迎し、賛同を表明いたします。iモードにより急速に拡大するモバイルを活用した企業におけるインターネット・コンピューティング環境では、より安定しネットワークに対応した、中小規模から大規模までのサーバーOSが求められています。ミラクル・リナックス社はこの分野における最適なサーバーOS「MiracleLinux」を市場に提供して参ります。「BMI」と Miracle Linux とのパートナーシップにより、Linuxモバイル ビジネス市場への展開を推進して参ります。
ビジネス・モバイル・イニシアチブの御発足おめでとうございます。レッドハット株式会社はインターネット時代のLinuxディストリビュータとして、またビジネス・モバイル市場に最適なエンベデット(組込)システムのベンダーとして、この急速に拡大するソリューションのインフラとサービスを御提供することで、支援をして参りたいと考えております。

※文中に記載のすべての会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。