2020年11月4日

メールデータ流出の可能性と弊社を装った不正メールが届いた際のご対応のお願い

本日(11月4日)の午前9時頃、弊社社員のメールアカウントが不正利用され、マルウェア添付の可能性のあるメールが複数件送信されている事実が発覚いたしました。
本件発覚後、直ちに不正利用されたアカウントのパスワードを変更いたしました。また、アカウント該当者の利用するPCの検査を実施し、ウイルス感染は無いことを確認いたしました。また、該当者のアカウント以外での不正利用も無いことを確認しております。
本件メールは、社内外のメールアドレスやメール本文を含むデータをもとに作成されており、メールデータが流出した可能性は否定できないため、引き続き調査を継続してまいります。

関係する皆さまには、多大なご迷惑とご心配をおかけすることとなり、心よりお詫び申しあげます。

今後、本件メールが送信されたお客さまに対しましては、お詫びと弊社社員を装うメールに対する注意喚起を行ってまいります。もし弊社社員からの疑わしいメールを受信された方は、メール及び添付ファイルの開封はせず直ちに削除いただけますようお願い申しあげます。

なお、本メールに添付されているマルウェアは「Emotet」と呼ばれるウイルスの可能性がございます。以下のページをご参照頂きたくお願い申しあげます。

◎「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html