2019年10月3日

オンライン動画コンテスト「BOVA2020」へ初協賛し、ブランドイメージ動画を募集します

概要

ドリーム・アーツは株式会社宣伝会議が発行する、広告・クリエイティブの専門誌月刊『ブレーン』が主催する「Brain Online Video Award 2020」(通称:BOVA)へ協賛することとなりました。
BOVAは映像業界の活性化と、これからの時代を担うオンラインビデオクリエイターの発掘と育成を目指し、オンラインに特化した動画コンテストです。
ドリーム・アーツは、IT企業では初めてBOVAへ協賛します。募集する動画のテーマは「働き方改革が進んだ大企業の、ちょっといい未来を表現してください」です。


        BOVA広告 「働き方改革が進んだ大企業の、ちょっといい未来を表現してみてください。」

大企業を取り巻く環境は急速に変化しています。働き方改革でITが必要不可欠になっているものの、大企業のデジタル化は遅れているのが現状です。今回のBOVAでは、大企業で働く人が「ITによる働き方改革」に希望を持ち、すぐに行動をしたくなるような気持ちになるような動画を募集します。

大企業をもっと“速く”
ドリーム・アーツはエンジニアやシステム部門だけでなく、大企業で働く誰しもが、ITを使って自らアクションを起こすことを後押しします。

なお、10月21日にはコーポレートサイトTOPページの刷新も予定しております。
BOVA協賛に加え、今後のドリーム・アーツの新たな取り組みにご期待ください。

「Brain Online Video Award(BOVA)」について

BOVAは、月刊『ブレーン』が2013年より実施する、オンラインに特化した動画コンテストです。
BOVA2019では「一般公募部門」と「広告主部門」の2部門で作品を募集。一般公募部門では、協賛企業から出題された課題に対して、プロ・アマや撮影方法は問わず、解決策となる3分以内の動画を募集します。

一般公募部門概要

■作品募集期間
 2019年10月1日~2020年1月23日(予定)
■応募方法
 協賛企業から出された課題に対して、解決策となる3分以内の動画を募集します。
 これまでに未発表の動画であれば、プロ・アマや撮影方法など問いません。
■入賞作品の発表
 月刊『ブレーン』2020年5月号(4/1発売)の誌上と、BOVAオフィシャルサイトにて発表します。
■賞およびその内容
 グランプリ(1点)・・・・・ 賞状・賞金100万円・トロフィー
 準グランプリ(1点)・・・・ 賞状・賞金30万円・トロフィー
 審査員特別賞(3点)・・・・ 賞状・賞金5万円
 学生部門賞(2点)・・・・・ 賞状・賞金5万円
 協賛企業賞(各1点)・・・・ 賞状・賞金3万円
■審査員
 日本の広告界を代表するクリエイター、プランナーによる厳正な審査
■公式サイト
 https://bova.co/