About us

私たちの考え

ドリーム・アーツが目指す、
「大企業、大改革、大成功」

1996年の設立以来、私たちはさまざまな大企業のパートナーとして、熱意ある対話を通じたデジタル化による業務改革のお手伝いをしてきました。

変革期にある現代では、変化の速度はますます高まっています。

経済活動の支柱である大企業がスピード感をもって変化に対応できなければ、日本経済自体が沈没してしまいかねない状況といっても過言ではありません。

だからこそ、私たちは“大企業”の“大改革”を“大成功”へと導きたい。

そのために欠かせないのがITを活用した業務のデジタル化であり、さらには社内の現場が自ら改革を推進していくことが必要です。

私たちドリーム・アーツが組織改革のために必要だと考えるのは、「Quick Start & Quick Success」「脱SIer」「デジタルの民主化」。本気で改革を目指すからこその手法で、すべての大企業を、もっと“速く”。

Quick Start & Quick Success

システム構築に何年もかけていては、完成した頃には業務内容が変わって適さない仕様になり、変更を繰り返すというループに陥ってしまいます。この時代に生き残るには、素早くデジタル化を進めること、小さな成功を重ねていくこと。

たとえ80%の完成度でもすぐに動き、“永遠のベータ版”で調整しながら運用。小さな成功の実感をクイックに味わったら即座に縦横に展開、じわじわと社内に広げ、最終的には全社の改革を達成できるはずです。

脱SIer

日本の大企業では、外部のSIerやコンサルタントファームにシステム環境を一任し、社内のシステム部門は保守作業で手一杯という状況が多々。しかし、システム部門には経営者目線が、経営層にはITへの理解が欠かせません。

だからこそITを活用したデジタル化は、業務内容や経営ビジョンをもっとも深く理解している自分たちで実践するべきです。そのために必要なのが、ベンダーポートフォリオを見直し、“本気で”“一緒に”業務改革を進められるパートナーを得ることです。

デジタルの民主化

大企業でITのニーズが高まるのに対し、デジタル化を担えるエンジニア不足は深刻だといわれています。このギャップを埋めるための方法は、自社の社員が自らデジタル化を推進できる環境をつくることです。

まずは誰もがデジタル化を実現できるための環境・ツールを取り入れること。そうすることで、現場は主体的に業務改革を行うことができます。そして業務を理解している現場が行うからこそ、もっとも速く業務改革を達成できるのです。

Works
「サービス提供」から「カスタマーサクセス」まで
業務改革の道のりをワンストップで伴走

ドリーム・アーツは、大企業の働き方改革・業務改革をともに行うプロフェッショナル。スピードを重視し「素早く小さな成功を重ねる」ことで、その先の高付加価値の創出を実現します。成果が出るまで最短で1ヶ月、その秘訣は「サービス提供」「課題発見」「カスタマーサクセス&サポート」まで責任を持ってワンストップで伴走できる、唯一無二の存在だから。急速な時代の変化に耐えうる、しなやかで強い組織への改革プロセスを、ぜひ体験してみてください。

Service

サービス一覧を見る