Notes移行Notesからの移行先候補

Notesからの移行を検討する際、選択肢にあがるであろうベンダー企業とその提供する製品の保有機能をまとめました。
移行の際、各企業さまによって考慮すべきポイントはそれぞれ異なるはずですが、概ね重要となるのが、業務系ワークフローと簡易DB開発の部分になります。
製品ごとに得手不得手がありあますが、当社製品の「INSUITE」&「Sm@rtDB」においてはこの業務系ワークフローと簡易DB開発の機能を標準で備えています。

各製品の保有機能

Notes移行の際に重要となるのが、業務系ワークフロー開発と簡易DB開発です。

各製品の保有機能

大企業におけるシステムの組み合わせ傾向

汎用機能はGoogleやOffice365や選択し、目的別機能(Notes移行など)は大規模導入実績&業務実現度でドリーム・アーツ製品(INSUITE&Sm@rtDB)を選択するパターンも多く見られます。

大企業におけるシステムの組み合わせ傾向

機能の網羅性+アルファ

Notesに備わっている機能の多くをカバーするだけではなく、新たな機能の追加で情報共有のあり方に変革をもたらします。

機能の網羅性+アルファ

コミュニケーションの革新

  • 情報活用の質とスピードの向上
  • 情報をひとつのコックピットに集約
  • 拠点間の協業促進
  • グループ会社間の協働促進

システムの最適利用

  • メンテナンス負荷の軽
  • 用途・目的ごとの最適システム選定
  • 大組織の膨大な文書の管理と活用
  • 内部統制対応の強化
  • 現場ニーズのシステム化対応
大企業におけるシステムの組み合わせ傾向

Notes移行に効く製品を詳しく知りたい方はこちら