ビジネスチャット活用 ビジネスチャットで、コミュニケーションのあり方とスピードを変え、働き方を変える

日経コンピュータの連載記事「職場活性化の切り札 ビジネスチャット活用術」(全5回)を、無料でまとめ読み!

いま、新たな業務コミュニケーションの基盤として「ビジネスチャット」が注目されており、うまく活用すれば、コミュニケーション活性化だけでなく、働き方も変わります。
このページでは、ビジネスIT情報誌「日経コンピュータ」に連載された「職場活性化の切り札 ビジネスチャット活用術<全5回>」を無料でダウンロードいただけます。「ビジネスチャット」を開発・運用しているからわかるヒント満載の記事は必見です。
以下のボタンからダウンロードいただけますので、ぜひお役立てください。

職場活性化の切り札
ビジネスチャット活用術

第1回:手軽で素早い情報伝達手段 全社利用が効果発揮の第一歩

企業の新たなコミュニケーションの基盤としてビジネスチャットが注目されつつある。使いこなすにはまずはツールの特性を把握し、情報共有のやり方の見直しが必要である。
ビジネスチャットにはどのようなメリットがあり、どのような業務で使えば効果を発揮するのだろうか。活用事例を交えながらそのポイントを解説する。

第2回:検討と導入は「小さく素早く」 特有のルールを理解して臨む

ビジネスチャットの導入にはツール特有の壁が立ちはだかる。単にメールがチャットに置き換わるだけという考え方では、この壁を越えることができず、多くの場合は失敗する。
本記事では、ビジネスチャット導入の壁を乗り越えて、仕事のやり方を変えていくための秘訣を紹介する。

第3回:システム連携で効果倍増 業務の「要」に進化させる

ビジネスチャットを情報共有の効率化だけに使うのはもったいない。ビジネスチャットが注目されるようになったのは、サービスが業務システムと連携してさらなる効果を発揮するようになってからだ。そこで、システム連携でどのように業務が変わるのか、近年のシステム連携のやり方とはどのようなものか、事例を交えながら紹介する。

第4回:AIは生産性向上の名コンビ 「こだわらない」のが導入のコツ

ビジネスチャットと相性の良い技術がAIで、なかでもチャットボットを組み合わせるケースが多い。実際に対顧客業務や社内業務の改善に大きな効果を発揮している事例も出ており、まずはその事例から紹介する。しかし、AIチャットボットを用いても効果が出ていないケースも多い。そのような失敗を回避する注意すべきポイントについても解説する。

第5回:セキュリティもメールに勝る 目的に応じて防御策を考える

ビジネスチャットを安全に使うには適切なセキュリティ対策が欠かせない。あるアンケート調査によると、ビジネスチャット導入の基準として、「使いやすさ」の次に「セキュリティ」が挙がっており、関心の高さがうかがえる。そこで、ビジネスチャットのセキュリティを担保するための具体的な手段と、セキュリティ検討の際のポイントについて解説する。

無料でまとめ読み!
日経コンピュータの連載記事「職場活性化の切り札 ビジネスチャット活用術」(全5回)をダウンロード!


お問い合わせ・資料請求

お問い合わせや資料請求は以下
からお願いいたします。
お気軽にお問い合わせください。chiwawa

03-5475-2501
(平日9:00-18:00)

お問い合わせフォーム