対話×協創 ソリューション

ベストプラクティスで改革をリードする

様々な業務シーンのベストプラクティスをパッケージ化、豊富な事例、
経験でお客様の業務をリードし短期間でのサービスインを実現します。
サービスイン後のご相談にも継続的に対応させて頂きます。

この日を迎えることができたのは、本当に夢のようです。思いを形にしていただきまして、素人目線ですが、本当にすごいの一言です。

待ちに待ったサービスインの朝に、お客さまからいただいたメールの一文です

 

私たちドリーム・アーツが目指すのは、思わず“ワォ‼”という感嘆の声がお客さまからあがるシステム、“いいね”を遥かに越えて“心に突き刺さる”システムです。
そのためにお客さまの経営方針とトップのメッセージを噛みしめ、事業と業務を学び、現場に幾度も訪問し、様々な立場の本人=当事者の思いや、目指すべき仕事のイメージを感じ取ります。そして想定を越えた「プロトタイプ=実際に動くもの」を素早く仕立て、お客さまのヒラメキを引き出し、熱い対話を重ねる。本気で“ワォ‼”を目指すからこそ、お客さまと一緒に感じ、カオスを膨らませ、時に沈思し、熱く語り合い、トライ&エラーを繰り返したいと願っています。
私たちドリーム・アーツは、単なるパッケージソフトベンダーでもSIerでもありません。“心に突き刺さるシステム”をお客さまと協創し協育する「変革パートナー=相棒」を本気で目指す、新世代のシステムベンダーでありソリューション・プロバイダーです。

ドリーム・アーツが得意とするのは、大企業・大組織のあらゆる「現場」で活きるシステムと、それを取り巻く仕掛け作り。そして特定業務分野として多店舗事業(チェーンストアオペレーション)における本部・店舗向けのクラウド・サービスです。いずれも少子高齢化にともなう我が国の労働人口の減少という不可逆的なトレンドを背景に、極めて重大な経営課題と、経営戦略の遂行基盤に密接に関わるコトです。

クラウド、スマートデバイス、ビッグデータ、AI、IoT… 2000年頃のインターネット革命と云われた時から20年を経ようとしています。1970年代に確立した【ウォータフォール型】のシステム開発や、それを前提にした作法、発想、流儀だけでは、本当に役立ち、真価を発揮するシステムや仕組み・仕掛けを手に入れることは絶望的です。未だにこうした【電算化】の価値観でしか、現場のシステムや仕組み・仕掛けづくりに取り組めない組織は、時代に取り残され退場を迫られることは必定です。

そして、これからの現場のシステムと仕組み・仕掛けづくりには【デザイン】が極めて重要。成熟した工業製品と同様に、複雑なテクノロジーや機構をシンプルなデザインで包み込み、分厚いマニュアルを見ずとも直感的に使えるUI:ユーザーインターフェースと、アナログな人間の活動に自然に寄り添いフィットするUX:ユーザーエクスペリエンスのデザインです。

ドリーム・アーツは創業以来(20年)、UIとUXを担当するデザイナーが不在であった時がありません。近年は毎年の新卒採用でも複数人の美大生を採用し続けており、自社のWebページは勿論のこと、パンフレットや販促・事例資料、クリスマスカード、カレンダー、さらにプロモーション動画までも、全て自社内でこだわり抜いて企画しデザインしています。全ては、お客さまの現場で活き活きと利用され、真に役立つシステムと仕組み・仕掛けづくりを実現させるための取り組みです。

私たちドリーム・アーツは、お客さまと“協働・協創・協育”し、本物の変革を実現することを本気で目指す新世代のシステムベンダーです。

“対話”と“創造”を繰り返し、課題解決のひとつ先に進めるソリューションをご提供します

お問い合わせ・資料請求