ノーツ移行徹底支援セミナー
ノーツ移行徹底支援セミナー~移行のカギを徹底検証!

ノーツ移行徹底支援セミナー
〜移行のカギを徹底検証!〜

日時
2006年10月20日
会場
日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷事業所

大手システムコンサルティング企業出身で自らが多くの企業システムに関わった経験を持つドリーム・アーツ取締役営業本部長 吉村厚司より、「”ポストノーツ”今後のあるべき協業支援型ITツール」と題してお話をいたしました。 前半ではノーツユーザを取り巻く現状分析から始まり、ノーツに代わり現在必要とされるITインフラの要件を解説。後半は弊社のソリューションでノーツ移行に成功されたお客様の事例紹介と、ノーツ移行のプロセスについて説明しました。

講演
吉村厚司

“ポストノーツ”
今後のあるべき協業支援型ITツール

  • 株式会社ドリーム・アーツ
  • 取締役営業統括本部長
吉村 厚司

ノーツユーザが求める新しいITインフラとは

9月開催の弊社ノーツ移行徹底セミナーでの参加者アンケート集計結果によると、ノーツ移行のきっかけとして「情報共有向上」「将来性」「業務プロセス改善」が高い割合であげられました。 この結果を受けて吉村は、ノーツ移行を検討しているユーザの方々が「単なるサポート切れ等だけではなく、ワークスタイルの革新や業務プロセスの改善などを目指して、ノーツ移行を考えられている方が多い」と分析します。今こそノーツユーザの要求を満たす新しいITインフラへの乗り換えが必要であると吉村は続け、「次は「何に」(どの様なシステムに)、「どうやって」乗り換えるかを考えねばなりません」と述べます。

ノーツ環境で良く見受けられる、大量の情報やコミュニケーションが「洪水」を起こしている状況を取り上げた上で吉村は、ノーツに代わる新しいITインフラとして「協業支援型ITツール」が求められていると説明。情報を見える化し、その情報を知識へと発展させ、それら知識・情報共有の日常性を高めるシステムである「協業支援型ITツール」の活用が今こそ必要であると強調しました。

この要件を満たすシステムとして、吉村はドリーム・アーツのINSUITE®Enterpriseを紹介。単なるコミュニケーションツールの機能だけではなく、業務上も共通目的に沿って必要な情報が抽出されるポータルとナレッジマネジメントとが融合されているシステムであるINSUITE®Enterpriseで情報の見える化を実現し、情報を組織的に活用できるナレッジとして発展させることができる、と吉村。
ノーツが不得手とする検索機能に強みを持つINSUITE®Enterpriseは、「情報が探せない、共有できない」というノーツ環境での代表的な悩みを解消するシステムです。

続いて、ノーツ移行の際にノーツDBの受け皿となる協業型データベースひびき®Sm@rtDBを紹介。
情報の即時共有に優れるWeb型データベースであるひびき®Sm@rtDBは、ノーツDBでは難しいDBを横断しての検索機能が強みでもあり、INSUITE®Enterpriseとの連携によりノーツ環境で塩漬けされた情報資産の「見える化」と、スピーディな有効活用が更に推進される、と吉村は述べました。

ノーツ移行事例~ノーツユーザの次の選択肢

後半で吉村は、ドリーム・アーツのご提供するソリューションでノーツ移行に成功された各企業様の事例や、移行プロセスを紹介しました。 ノーツ移行の決断に至った背景は各企業様で大きく異なりますが、いずれのケースでも単純な「ノーツの乗り換え」ではなく、各企業様の事業方針や業務スタイルの変革などを踏まえてノーツからの移行を実施されたことなどが、詳しく説明されました。

ノーツに代わるシステムとしてINSUITE®Enterprise、およびひびき®Sm@rtDBを導入されたことで、管理コストの削減はもちろんのこと、新しい情報共有基盤の構築や海外拠点間の情報共有を強化するなど、ノーツ移行でもたらされる以上の付加価値を手に入れられたことが効果として挙げられました。 移行プロセスについては各企業のノーツ利用状況に応じ、ノーツの完全移行から部分移行まで、最適なアプローチ方法を選択する必要があることなどが詳しく解説されました。