攻めの内部統制セミナー

攻めの内部統制セミナー 非定型業務を攻略せよ!

法令遵守、情報セキュリティ、個人情報保護や文書化など、内部統制に関する取り組みが盛んになっています。2008年度からの施行に向け、積極的にこれらの課題に取り組む中で「守りの要素ばかりが目立ち、競争力が低下するのではないか」と疑問を感じている企業様も多いのではないでしょうか。

内部統制により「リスクの最小化」を進めるのであれば、それ以上のボリュームで「攻めの仕組み」を作らなくてはバランスがとれず、成長につながる組織運営が実現できません。

ドリーム・アーツは、内部統制の真の目的である「業務の効率化」を実現するためには、現場主導の総合的な「ワークスタイルの変革」が不可欠と考えております。

本セミナーでは、守りに偏りがちな内部統制に、攻めの要素をいかに取り入れ、競争力をいかに強化するのかを徹底して考え、仕組みとして求められる情報系システムのあるべき姿を探ります。

目先の文書化や形だけの対応にならないために「攻めの内部統制」を、皆様とご一緒に検討できれば幸いでございます。是非ご来場いただけますことを、心よりお待ち申し上げております。

セミナー概要
日時
2007年7月26日(木) 14:30-16:30
会場

丸ビルホール&コンファレンススクエア

JR東京駅より徒歩3分

定員
80名(参加無料)
対象

◆経営企画部門や内部統制準備室の方で

  • 企業成長につながる内部統制を実現したい方
  • 財務報告の信頼性に加え業務の効率化も実現したい方

◆情報システム部門の方で

  • 内部統制要件を満たす企業情報ポータル
  • グループウェア、ワークフローの導入を検討している方
タイムテーブル
14:30
15:00

「攻めの内部統制」とは:内部統制モデルの考察と非定型業務・統制環境変革
取締役営業統括本部長
吉村厚司

15:00
15:30

「攻めの内部統制」ソリューションのご紹介
企業情報ポータル、グループウェア、ワークフロー

取締役営業統括本部長
吉村厚司

15:30
15:50

デモンストレーション
マーケティング部
栗木楽

15:50
16:00

休憩

16:10
16:30

活用事例のご紹介
営業部長
小林信彦

講演

攻めの内部統制とは

  • 取締役営業統括本部長
    所長 弁護士
吉村厚司

2007年7月26日に開催された弊社主催のセミナー「攻めの内部統制セミナー~非定型業務を攻略せよ~」。まず初めに、実務現場における非定型業務の効率化を通じて、真の内部統制を実現するという「攻めの内部統制」について、弊社取締役営業統括本部長吉村厚司より講演をいたしました。

内部統制の目的は4つある

内部統制の目的は「業務の有効性と効率性」「財務報告の信頼性」「コンプライアンス」「資産の保全」の4つです。一方、財務報告の信頼性確保を主目的として捉える企業が多い中で、企業の内部統制担当者へのアンケートからは、内部統制によって社内の業務はかえって非効率になり、活動が形骸化するという懸念を抱かれていることが分かりました。「内部統制を進めるにあたっては、財務報告の信頼性に偏らずに内部統制の本来の目的をバランスよく実行し、業務の効率化や企業成長につながる内部統制を実施しなければなりません」と吉村は述べます。 牧野二郎 弁護士をお招きして「コミュニケーションで高める統制と企業価値」と題してお話を頂きました。

財務報告の信頼性確保 イコール 内部統制という「誤解」

ダイレクトレポートの義務化や統制の対象範囲を曖昧にした結果、企業に多大な対応負荷を与えた米国SOX法。この教訓を踏まえ、日本版SOX法と新会社法は制定されましたが、これらは企業の経営効率が考慮された内容であり、財務諸表の信頼性だけでなく業務の効率化をも要求しています。「内部統制は、財務報告の信頼性確保だけでは不十分なのです。企業が真に求められている内部統制を実現するには、企業内業務の効率化に着手する必要があります。」と吉村。

企業成長につながる内部統制は、ワークスタイルの変革で実現

業務の効率化には、社員が多くの時間を割く業務にメスを入れるのが効果的です。企業の実務内容を分析すると、顧客対応やミーティング、企画立案などの「非定型な業務」が中心という結果が出ました。非定型な業務の担い手は人であり、非定型業務の効率化を実現するには、各社員の業務への取り組み方そのものを変える必要があります。社員の気風や企業風土といった、COSOキューブにおいて内部統制の土台とされている「統制環境」、すなわちワークスタイルの変革が求められているのです。

「財務報告の信頼性を中心とする「守りの内部統制」と、ワークスタイル変革による「攻めの内部統制」をバランスよく実現することで、企業の経営力を高め、企業価値を向上させる内部統制が可能です」と吉村。続けて、弊社ソリューションでどのように「攻めの内部統制」を実現できるかといったポイントを具体的に解説し、講演を締めくくりました。

INSUITEデモンストレーション・活用事例ご紹介

営業部長 小林信彦

デモンストレーションでは、攻めの内部統制ソリューションを担う製品としてINSUITE®Enterprise2.0を ご紹介。実際に製品をご活用いただいているお客様の実務環境を再現することで、オフィスの中で製品がどのように活用され、具体的にどういった効果が出るのかという点が目に見えてわかる臨場感溢れるデモンストレーションとなりました。続いての活用事例では、既存業務のシステム化に留まらず、企業の仕組みそのものや各社員の業務への取り組み方といった、ワークスタイルそのものを変革することで企業成長に結びつけた企業様の実例をご紹介し、セミナーを締めくくりました。