第1回ドリーム・アーツ分科会

第1回ドリーム・アーツ分科会 【ワークフロー活用編】

日時
2012年10月24日
会場

恵比寿ガーデンプレイス

2012年10月24日、恵比寿ガーデンプレイスにて第1回ユーザ会分科会を開催いたしました。当会は、ドリーム・アーツのソリューションをご利用のユーザ企業・団体様(以下 ユーザ様)を対象に、特定のテーマについて興味・関心をお持ちの方々にご参加いただき、事例の発表やディスカッションを通して『課題解決や活用のヒントをお持ち帰りいただくこと』『ユーザ様同士の継続的な交流を支援すること』を目的として発足いたしました。

第1回目となる今回は、ユーザ会のアンケートで特に関心が高かった「Sm@rtDBワークフロー活用」をテーマに、9社15名のユーザ様にご参加いただきました。

活用事例紹介

活用事例紹介 ワークスタイルを変える電子稟議の活用試策

  • 株式会社レンタルのニッケン
  • 管理本部 情報システム部
秀丸太郎 様

質疑応答では、決裁ルートの取りまとめ方や運用方法などについての質問に詳しく返答いただき、多くの方から「とても参考になった」との声が聞かれました。

ディスカッション&交流会

参加されているユーザ様のなかから2社様に、実際に社内でお使いのSm@rtDB画面を紹介いただき、具体的な利用方法や作成時の工夫などを伺いながらディスカッションが進んでいきました

  • ワークフロー回付中に承認者が出向や退職になった場合はどうしているか?
  • Sm@rtDBのDBやワークフロー作成は誰がやっているのか?
  • システムを統一したいがユーザ部門の協力が得られない。どのようにしたらよいか?

など、Sm@rtDBやワークフローの導入・運用に関して、疑問に感じていることや苦労していることなどについて、活発に意見交換がなされていました。他社での工夫に、活用のヒントを得た方もいらっしゃったようです。 最後にユーザ様交流と個別相談会が行われました。 同じテーマに興味を持つユーザ様同士、話が弾んでいました。

お客様の声
  • 同じことで悩んでいることなど、よくわかりました。
  • システムの方向性が決まりました。ありがとうございました。
  • 他社様の実際の画面を見ることができ、大変興味深かったです。
  • Sm@非常にうまいテンプレートの作り方で感心しました。参考にさせていただきたいと思います。
  • 他社様の運用について生の声を聞けた。非常に有用な情報も得ることができた。 今後も参加したいと思う。