第3回ドリーム・アーツ分科会 ポータル編

第3回ドリーム・アーツ分科会
ポータル編

日時
2013年1月30日
会場
恵比寿ガーデンプレイス

2013年1月30日、恵比寿ガーデンプレイスにて第3回ユーザ会分科会を開催いたしました。
今回は「ポータル」をテーマに、13社19名にご参加いただきました。

分科会報告

INSUITEは、多彩なコンテンツを自由に配置できる、組織/ 業務/目的別など多様なポータルが作れるなど、自由度が高いのが特長。しかし、それゆえに「どんなコンテンツを載せるか」、「どんな種類のポータルを作りどう管理するか」など、頭を悩ますこともあるようです。今回はユーザ様4社に、実画面をもとに各社各様のポータル活用例をご紹介いただきました。

日本通運様

グループ会社全体で利用しているという日通様では、部門別ポータルのコンテンツ登録は各部に委譲しているそうです。テンプレートを準備して統一感を出しつつ効率化をはかる、といった工夫に皆さん感心されていました。『INSUITE知恵袋』というコンテンツでは、INSUITE活用のコツやアイデア、FAQをユーザ同士が登録しあい、グループ20,000人の知恵とノウハウを分かち合っているそうです。

セミナー会場の様子

商船三井様

セミナー会場の様子

経営判断に活かすための情報を集約した『BIポータル』を構築されています。「情報の探しやすさにこだわった」と仰るとおり、社内情報のほか業界ニュースやマーケット情報などが、とても見やすく配置されています。通勤時に情報をチェックできるようにモバイル対応したところ、確実に見る人が増えたそうです。ユーザ目線の工夫が、グローバルな情報共有をスムーズにしているのでしょうね。

レンタルのニッケン様

Sm@rtDBをヘビーに活用されているニッケン様では、ポータル上にもSm@rtDBを切り出したポートレットを多く表示。『ワークリスト』や『申請の状況確認』など、業務の現状を効率的に把握できます。『サイトマップ』ポートレットは、ワークフローにそのままつながっており、「ここから業務をしている」といいます。シンプルながら業務に直結したとても機能的なポータルでした。,000人の知恵とノウハウを分かち合っているそうです。

セミナー会場の様子

日本航空様

セミナー会場の様子

経営変革フォーラムでもご登壇いただいたJAL様には、ポータル構築の経緯から、情報の整理・選定方法、またポータルに込めた想いまでお話しいただきました。『グループで同じ情報を共有することの重要性』を強く感じた、というJAL様のポータルには、“JALの今”を表すコンテンツが並んでいました。“情報活用を進めている部門へThanksカードを送っている”というエピソードには、部門を超えた絆が感じられました。

名刺交換会の様子
名刺交換会の様子