ものづくりへの思い

私たちドリーム・アーツは、単なるソフトウェアの提供にとどまらず、お客さまが直面している経営課題・業務課題を解決する仕組みやサービスを、ITを通じて提供しています。特に我々が扱う情報系システムは、実際に現場で使ってもらうことで価値を発揮するため、サービス開始後も使いこなしてもらえるよう、お客さまとともに成長しつづける製品でありたいと考えています。

私たちは製品のつくり手として「お客さま視点のサービス、プロダクトを提供する」ことを重視しています。やるべき業務が決まっており、それを効率化することが今までのIT導入の主目的でしたが、最近ではITを使って戦略的に変革していきたいという大企業・組織が増えてきました。

機能をどんなに詰め込んでも、機能的に何ができる/できないという観点では戦略的なITの実現には程遠いのです。いかにお客さまの役に立つシステムを素早く出していけるのかを真剣に想像したとき、言われたことをやるだけでなく、自発的にアイディアを出して付加価値を高めて提供していく必要があるのです。業態やテクノロジーが多様化し、不透明且つ不確実でやってみなければわからない時代です。現場へ行き、お客さまと話して、問題の所在を自ら考え、お客さまとともに対話から“協働・協創”していくことが大事だと考えています。

期待以上の「驚き」を

実際にシステムを使っている現場やお客さまの喜んだ姿を見ると、自身の喜びになりますし、成長できます。ドリーム・アーツの開発メンバーは、多種多様で得意分野も異なります。しかし、ビジネスの現場で実際にシステムを使うお客さまの顔を思い浮かべながら、どのようにお客さまの役に立つのかを考えながらつくる・・・この思いは共通しています。きっと「上手く卒なくこなす」よりも、やってみなければならない時代だからこそ「自分で考えたことを、頭をひねって新しい価値をお客さまに提供したい」と考えるエンジニアが多いように感じています。

ドリーム・アーツでは、よく「WAO!」という言葉で表現するのですが、ワクワクするような、洗練されていて、それでいて圧倒的に面白いプロジェクトが社内のあちこちで発生している状態を常に目指しています。そのために、CTOとして技術的な場のチャレンジは提供し続けていきたいですし、私たちは既存の枠内に安住せず常に前に進む組織でなければいけません。ドリーム・アーツがこだわっている世界観を届けてまいりたいと思っています。

これからも、皆さまの期待に応えられるよう、お客さまから心より信頼いただけるパートナーとして努力を重ねてまいります。