スマートだけど泥臭いドリーム・アーツ 6つの強み

私たちドリーム・アーツが目指すのは、思わず“Wao!”という感嘆の声がお客さまからあがる、“いいね”を遥かに越えて“心に突き刺さる”システムです。私たちとの対話から生まれてくる「ヒラメキ」、「気づき」、「驚き」、「Wao!」を体感してください。

アナログ時間の創出

ドリーム・アーツは「良質なアナログ時間こそが、付加価値を生み出す」と考えています。パソコンの前に座ってキーをたたいているだけで仕事をした気分になっていませんか?膨大な情報が飛び交う「情報の洪水」に溺れる危険性のある今こそITとの関わりを見直す時です。ドリーム・アーツは、アナログ時間を創出するための製品・ITソリューションを生み出します。ITをうまく利用することで「情報を治水」し、ITに拘束されている時間を減らす。創出したアナログ時間を使って次のイノベーションへ!

対話からの協創

「対話」は単なる“会話”ではありません。「本質的なところまで入り込んだ対話」により、お客さまが気付いていなかった潜在的なニーズやヒラメキを引き出します。アナログな対話があってはじめてお客さまの抱える本当の課題が見つかるのです。

徹底した現本主義

ドリーム・アーツは徹底した「現本主義」を実践します。現場・現物・現実・本人に触れなければ、本質的なことを感じ取れません。「現場」に足を運び、その場を感じ、「現物」を手に取り、その物を感じ、「現実」をこの目で見て、事実を知る。そして「本人」同士のアナログな対話があってはじめて、お客さまの抱える課題を真の意味で解決できるとドリーム・アーツは考えています。

速さの追求やってみなければわからない

混沌とした時代。きちんと計画立ててシステムを開発しても、半年後には状況が変わっています。私たちは「やってみなければわからない」という時代の真っ只中にいるのです。私たちはまず「プロトタイプ=実際に動くもの」をスピーディに作成し、それをもとにお客さまと対話します。動くものが目の前にあると、何が足りないのか見えてくる。今まで見えていなかった課題も浮き彫りになる。まずは小さく作って、トライアンドエラーを素早く繰り返して磨きをかけて育てていく。これによりアーリーサクセスを実現できるのです。

「プロダクト」があるから輝く

ドリーム・アーツの製品・サービスは「現場」の知恵・アイディアが凝縮されたベストプラクティスの集合体です。これらの製品・サービスは、お客さまとの「対話からの協創」により育てていただき、現在も磨かれています。エンジニアでない現場のスタッフでも、製品を日々利用しながら柔軟に進化させていくことができるのが強みです。0から開発を行うよりもスピーディにシステムを構築できます。

一気通貫“協創×協働×協育”

システム開発のみならず導入前のコンサルティングから導入後の管理・運用・監視まで一気通貫でお任せいただけることが強みです。

協創
お客さまと共に考え対話の中から、現場により良い価値を創造する
協働
お客さまと目標を共有し、ともに力を合わせて活動をする
協育
サービス運用後もお客さまと共にサービスを育てる